雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

おばけにてそうろう」 みんなの声

おばけにてそうろう 文・絵:井上 洋介
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月05日
ISBN:9784477026640
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,291
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんなおばけ!!

    とにかくおばけの絵本が大好きで、かたっぱしから
    おばけの本を手に取っている娘!!
    この絵本も本屋さんで見つけ、食い入るように見て
    いました。
    文章としては、「わたしは○○おばけにてそうろう」
    という文が、ずっと続くのですが、なぜか読んでいると
    娘はばかうけ!!
    にてそうろうという言い方が楽しいのかもしれませんね♪
    井上洋介さんの、味のある絵もおすすめです!!

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々おばけ

    このお話にはいろいろな物や生き物のおばけが登場してきました。うちの子は身近にあるのもをお化けにしてあるページが気に入っていて、「じゃぐとがお化けになってるんですけど!!」とか言いながら笑って見ていました!!

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • けん玉が気になる

    図書館の新刊コーナーで見つけました。見たことのある絵だなと思ったら、『あじのひらき』の作者の作品でした。『あじのひらき』は子供も私も好きな絵本でなので、期待が膨らみました。
    表紙には窓からばーっと飛び出した、かわいらしいオバケ。ページを開くたびに、いろいろなオバケが次々と登場します。蛇口のおばけ、三日月のおばけ、機関車のオバケなどなど・・・ただ「おばけにてそうろう」と挨拶をする。ただそれだけなのです。出てくるおばけは全く怖くなく、ちょっと変。かわいいような気もしてきます。
    なんともナンセンスで、不思議な絵本。子供たちはどのページにもあるけん玉が気になったようです。

    掲載日:2013/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 固定観念おばけではありませんよ

    「〜にて そうろう」の言い回しが
    いいなぁ〜

    それが「おばけ」でしょ
    これは、期待して・・・

    絵が
    とても大変失礼なのですが
    上手!とは思えないのですが
    こどもってとてもひきつけられるんですよね
    井上さんの作品って

    これも、構図的に部屋なんでしょうが
    私は最初屋根の上?に見えちゃって(^^ゞ
    なぜ3時をさしてる時計?とか
    なぜ剣玉?とか

    そんな周囲のものより
    次々出てくるおばけが
    「え〜っ」
    なんです

    これは、ナンセンスなんですね

    日常のものがいろいろ出てきます

    おばけを固定化していると
    とんでもないわけですね

    終わりは、きっとないのでしょう
    続きを子ども達と考えるのもおもしろいかもしれません

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挨拶

    次から次へとおばけの登場ですが、どのおばけも挨拶をするのがいいなあって思いました。挨拶は、できるようでときには出来ない事もあるのでお化けに感心しました。蛇口のおばけも、「こんばんは わしは蛇口のお化けにて そうろう」と挨拶してました。蛇口のお化けだから仕方ないけれど、当然蛇口からじゃあ、じゃあと水が出てて男の子が傘を差しているのになるほどって感心しました。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 井上洋介さんのナンセンス絵本は
    ほんわかあったかいので好きです。
    このおばけたちもなんともかわいらしい。
    決して「かわいい」絵ではないのですが
    愛らしいんですよ。
    子どもたちが考えそうなオバケ、でも、
    作者独自のオバケももちろんいる。
    読み終わったあとは、いろんなオバケを
    子どもたちといっしょに考えても楽しいなあと
    思いました!

    掲載日:2013/08/17

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本


絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット