大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ひまわり」 みんなの声

ひまわり 文・絵:荒井 真紀
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年06月
ISBN:9784323072722
評価スコア 4.75
評価ランキング 697
みんなの声 総数 11
「ひまわり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • タネのできていく様子が。

    4歳の息子と読みました。
    荒井さんの「たんぽぽ」、「あさがお」がとても良かったので。

    こちらもすばらしい。
    ひまわりって、本当に太陽の方を向くのですね、それも一日中。
    つぼみのできる過程、ひらいていく様がとても丁寧に描かれています。
    そして、花の断面、タネが大きくなっていく様子はとても圧巻。
    初めはウチ側の花も黄色いのですね。
    それがだんだんタネができてきて、茶色くなって行く様子がよくわかりました。
    タネが2000個以上もできるなんて。。

    とてもいい絵本だと思います。

    今、ひまわりを息子と庭で育てています。
    黄色ではなくて、赤い花が咲く予定ですが、とても楽しみです。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひまわりを見直しました。

    荒井真紀さんの「たんぽぽ」「あさがお」を読んだら、
    もちろん「ひまわり」も絶対読もう!と思いました。
    読むというより 繊細でとても美しく描かれた
    「ひまわり」と出会うという気持ちで、
    この絵本を見るという感じです。

    この3冊の絵本は
    誰もが知っている 身近な花ですが
    図鑑や教科書でお勉強として知るには
    興味が持てなくても
    この絵本は その花について
    親しみが持てて
    育てたくなります。

    小さいうちに この絵本に自然に出会っておきたいと思いました。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語というより勉強本

    ひまわりのいろいろな豆知識、育て方が書かれており、ストーリー性のない、図鑑のような絵本でした。ちなみに、内部はすべて絵が手書きです。

    夏休みの自由研究や、ひまわりを育てるときに、きっと役立つと思います。種の埋め方なども実は結構コツがあるんだなあと思いました。親でも初めて知る知識が書いていると思います。

    ぜひ夏に買いたい絵本でした。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひまわりの学習に

    ひまわりの種や育て方、2種類の花といった図鑑のような内容が、絵本として書かれています。

    内側の種も、もとは花だったなんて私も初耳でした。

    親にも勉強になる本でした。

    ただ、物語ではないので、物語仕立ての図鑑といった感じです。そういうつもりで読んだほうが納得できます。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひまわりって面白い!

    本屋さんの絵本コーナーにどーんと置いてあった
    荒井真紀さんのお花の絵本シリーズ☆
    あさがお、ひまわり、どちらも綺麗な絵で
    うわぁ、どんな絵本だろう!!読んでみたい!!と魅力たっぷり!
    さっそく開くと、
    「ひまわりってこんな風にそだっていくの?」
    「種はこんなんなんや!」
    「内側と外側に花があるんや!?」(知らなかったです!)
    「へぇ〜〜」という言葉が子供から聞こえてきそうです。

    あさがおに比べて、ひまわりを家で育てることは少ないと思うので
    とても参考になる絵本でした。
    個人的にひとつのひまわりから大きいもので2000個以上のたねがとれるのにはびっくり。
    夏がたのしみになる、子供のわくわくが広がる絵本ですね♪

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 観察をたすけます

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    我が家の夏休みの宿題は「あさがお」でした。
    残念ながら夏休みが終わってから
    この絵本に出会ってしまいましたが
    観察するとはどのような視点なのか?
    よく見るとはどんなことなのかを
    絵本を読み進めるうちに感じてきます。
    個人的には私はヒマワリがだいすきです。
    太陽にまっすぐに背筋をのばして凛としているようすが
    すがすがしくって好きです。

    たねが2000個も取れるんだと親子でびっくりしました。
    来年の夏休みの宿題前にもう一度読みたいです

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとつぶの ひまわりのたね
    タネを土の中に蒔いて、土の中で成長が よく分かります
    根っこ そして芽が出て双葉から本葉に
    おひさまをおいかけて 向きを変える 観察がおもしろいですね
    花が開く瞬間をとらえられたら 感動ですね!
    わあ! 大きな 黄色い ひまわりの花
    ぐんぐん背が伸びて 人間よりもせいたかのっぽで おおきい

    はなのしくみ 花びらの様子 たくさんの花のかず
    外側の花 内側の花  そして みどりのはなが かれると たくさんのタネが出来ます
    驚きです  2000こ以上もあるなんて 知りませんでした
    それが びっしりと描かれていて
    一粒のタネから咲いた大きなひまわりは たくさんの 種を残すのですね
    感動です!

    子孫を残すのですね

    ひまわりのたね なかなか 美味ですよ

    ひまわりの迷路をつくったり     いっぱいのひまわりが 咲いている
    北海道や 南光町のひまわり
    こどもの頃 おひかまみたいなひまわりが大好きな花でした
    ゴッポのひまわりの絵もなかなか いいですね〜

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひまわりの種の数

     ひまわりの種をまいて、育つ様子が、ていねいに描かれています。
     種の並びかたが、おもしろいなと思いました。
     葉っぱや花が、どのように成長していくか、よくわかりました。
     
     ひまわりの種、数が多いのは知っていましたが、こんなに多いとは、、、びっくりしました。
     このごろ、ひまわりを、あまりみかけなくなったような気がします。
     最後のページの言葉が、しみじみしました。
     子どもといっしょに、ひまわりを育ててみたいです。

    掲載日:2014/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家でやってみようか

    表紙の絵に惹かれ手にとりました。ひまわりの育て方やひまわりの秘密が、丁寧に描かれています。
    小学生の娘たちもとても興味を持ちました。活き活きと描かれるひまわりの姿に惹き付けられたようです。
    「たねをみずにつけておくと、栄養を蓄えているたねはしずむので、そのたねを選んでまきましょう」というヒントにも興味津々。「家でやってみようか」ということになりました。植物に興味を持つきっかけになるような素晴らしい絵本だと思います。
    同じ作者の方の「あさがお」という作品もあるようで、こちらも読みたいと娘たちが言っています。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由研究にもおすすめ

    夏の花、ひまわり
    種を植えて、種が取れるまでを細かく描いてあるひまわり図鑑です。
    花びらの裏側や、花が咲いていくまでなど、普通に見ているときにはわからない部分まで細かく描かれていて、とても勉強になります。
    夏休みの自由研究の参考にしてもいいかもしれないですね。

    ストーリーはないので、幼稚園児はつまんないかな。
    小学生くらいからがお勧めです。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット