十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

いかすぜ!ブブヒコ 〜チワワとドーナツ!のまき〜」 みんなの声

いかすぜ!ブブヒコ 〜チワワとドーナツ!のまき〜 作:中川 ひろたか
絵:大島 妙子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月02日
ISBN:9784799900147
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ブブヒコ、かわいい〜!!

    このお話は、小さなパグのブブヒコとその買主のゆるい日常のお話でした。そのゆるい感じがたまらなくかわいかったです。買主さんがブブヒコにドーナツを買ってくれたのですが、ブブヒコはそのドーナッツを落として追いかけたらへんてこりんな世界へと入っていきました。そこで、かわいいお友達もでき、また本当の世界に帰ってきたら優しい買主さんが待っていて元の日常に。心がホンワカして素敵な絵本でした。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパしゃん

    表紙のドーナツをかじる黒犬の表情がたまらなく可愛くて、手に取りました。
    ブブヒコが、ドーナツを追って穴に入っていくと、そこはなんとも不思議な「チッチャイナタウン」でした。
    「ブブヒコ」という名前といい、飼い主を「パパしゃん」と呼ぶところといい、とっても変わってます。でも、表情豊かで、とってもかわいいブブヒコ。
    大島妙子さんの絵がお話とぴったり合っていました。
    違う巻もあるのかな?読んでみたいです。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先日、テレビで中川先生を拝見したのですが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    このパパしゃんっていうのはひょっとして中川先生ご本人じゃありませんか?そしてこの変な歌といい、チッチャイナタウンといい…。可笑しくて腹がよじれそうです。中川先生は本当にダジャレが好きなんですね〜。これ、実話ですよね?笑

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の姉妹に大ヒット!!

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。
    以前、ブブヒコシリーズを児童書の方で読んだことがあったので、
    今回も絶対面白いだろうと予想していましたが・・・
    やはりおもしろい!!(笑)
    しかも今回は児童書形式ではなく、ガッツリ絵本形式だったので
    大島妙子さんの絵をバッチリと楽しみつつ、
    お話を200%満喫しました!
    娘たちに大ウケ!(^^)♪

    犬のブブヒコと、
    飼い主のパパしゃん(この呼び方にまず娘たち大ウケ)が
    散歩に行って巻き込まれる、
    なんとも奇想天外なお話なんですが、
    うちの娘たちは随所に出てくるダジャレまじりの文章にとにかく大ウケでした。

    いつもと違う、変な「ドレミの歌」に始まって、
    「まてぇ」と言ったからってまつようなドーナツではありません、
    思い切りブブヒコの鼻の頭をたたくチワワちゃん、などなど・・・。
    とにかく読むページ読むページ、娘たちのツボだったようです。
    中でもひときわ娘たちがゲラゲラ笑ったのが、
    最後にパパしゃんがとった行動に対するブブヒコの一言。
    何がそんなにおかしいのか?!と思うほど、娘たちが爆笑していました。
    読み手としても、大満足の一冊でした。

    ブブヒコシリーズは、児童書形式よりも絵本にした方が
    おもしろさ倍増!!だと思うので
    この絵本形式での続編に期待しています。

    ここまで大ヒットの絵本は最近あまりなかったので、
    とても嬉しくなりました。
    しばらく娘たち、ブブヒコごっこを堪能していました(笑)。
    思い切り笑いたいときにオススメです!!

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふふ♪

    端から端まで、中川さんのブブヒコちゃんへの愛が伝わってくる作品でした。
    これは、かなり溺愛してるとみた(笑)
    うちにも犬がいますが、ついついいろんなこと空想しちゃったりするので、(ふふ、どこも一緒だな)って楽しく読めました。

    さてさてブブヒコちゃんが迷い込んだ世界は、さすがファンタジー&奇想天外、山あり谷…じゃなく、海ありで、スリリングな展開!
    現実の世界とうまく絡み合ってるのが、面白いですね!

    そして何より!大島妙子さんの絵!!
    似すぎです(笑)。写真でしか拝見したことありませんが、中川さんそのもの!
    娘に「ほら、これがホンモノのブブヒコちゃんだって♪」と、巻末の写真を見せたら、「どおりで、にてるとおもってたんだよ〜」と言ってました。
    思わず、(ふ、、パパしゃんは、それ以上に似てるけどね…)と、心の中で呟いてしまいました(笑)

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパしゃん、大好き

    ”パパしゃん”とは、小さい子が身近にいる方なら聞いたことがあるかもしれない何とも言えない、舌足らずな愛らしい呼び方です。大人が読んであげる際には若干読みにくいのですが。大好きな”パパしゃん”とお散歩する真っ黒な鼻が前向きな!?フレンチブルドックのブブヒコ。お散歩途中、二人の大好きなドーナツ屋さんに出くわして・・・アレあれ現実?ブブヒコの夢の中?と頭の中が大混乱をしながら読みました。ちょっと最後は不機嫌なブブヒコも、見上げた空に・・・。不思議ななかがわワールドへ行ってみませんか。シリーズ化してくれないかなぁと息子はお気に入りです。作者と愛犬の仲良しぶりからそっくりなキャラクターでしたからきっと期待していても良いかと思いますね。
    また、息子は何やら”パパしゃん”が気にったようで、我が家の犬に”パパしゃん”が帰ってきたよ!とか話しかけています。さすがに自分で使ってみるのは恥ずかしいのかしら。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット