だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おかあさんはなかないの?」 みんなの声

おかあさんはなかないの? 文:平田 昌広
絵:森川 百合香
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年07月25日
ISBN:9784752006299
評価スコア 4
評価ランキング 18,327
みんなの声 総数 9
「おかあさんはなかないの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかあさんって!!

    お父さんにはできなことをお母さんはいろいろできるのですね。
    産みの苦しみに耐えたら、それが喜びに変わったら、お母さんはどんどん強くなっていくのですね。
    お母さんと娘の掛け合いがとても素晴らしいと思いました。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さんは笑顔でいなくちゃね

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    「いたい、いたい、いたいよぉ!」なみちゃんの泣き顔から始まります。泣き顔から始まる絵本って結構珍しいですよね。その瞬間にぐっと惹きつけられました。
    怪我をして痛くて泣いてしまっているなみちゃん、「おかあさんだってなくにきまってるよ!」と言いました。でもお母さんは「おかあさんはそんなことじゃなかないよ」と答えます。ムキになって、お母さんが泣くシチュエーションを探すなみちゃん。
    母親が泣くのは、いつだって子供が関わることなんだなぁと実感しました。私は…もうちょっと頻繁に泣いてしまっている気がしますが(笑)お母さんの涙って、子供にとってはいろんな意味でインパクトが強いのかもしれませんね。結局さいごは「おかあさんはないちゃだめ」となみちゃんが言っているのが物語っていますね。否応なしに心があたたまる絵本です。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後のページを読み終えて、ホロリとしてしまいました。

    階段で転んでも、おばけに会っても、嫌いな食べ物ばかりを出されても、
    どんな事があっても泣かないお母さん。

    でも、もしも大切な我が子に嫌われてしまった時には・・・。

    その後のなみちゃんの言葉に、じーんとしました。

    「だいじょうぶだよ!
    なみ、おかあさんのこと、きらいにならないから、
    どこにも いかないから。だからね・・・」。

    きっとお母さんにも、泣きたい時ってあると思います。
    でも、大切な我が子を守るために、泣いている暇なんてない。

    そう思えるくらいに愛情を注いでいる娘に、こんなことを言われたら・・・

    私だったら、その場で泣いてしまうかも!と思いました!

    親子の絆が優しく描かれた、温かい絵本です。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母と娘の対話

    • 山田錦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県

    お母さんと子どもの会話で、絵本は進行します。

    お母さんが泣くときって、どんな時なんだろう?という素朴な疑問。

    でも、お母さんは、何があっても泣かないと言う。

    最後、結末は、何となく、この子が成長して、順調に反抗期を迎えた時のことを連想させて、泣けてきました。

    そうして、それを乗り越えた時、また、こんな会話を、成人した娘とお母さんが、できればいいな、と、気が早い限りですが、そこまで想像してしまいました。

    それと、お母さんは絶対に強い、ということと。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泣ける絵本です。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    私がいつも「ママが死んだら…」と娘に言っているせいか「大丈夫、ママが死んでもパパがいるから大丈夫」と言われてしまいました。これって喜んでいいんでしょうか…。そんなエピソードはさておきとってもいい絵本です。オススメ!

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動しました

    4歳年少の娘と一緒に読みました。
    なみちゃんとおかあさんの「おかあさんはなかないの?」という掛け合いが楽しい絵本ですが,出産についても描かれていてキュンとなりました。
    子供を想う親心にも感動しました。
    大人は泣かないのではなく泣けないところもあるんですが,子供はいざ親が泣いていたら本当に不安になってしまいますものね。

    ただ,階段から落ちてはずかしくなっちゃう。
    というところは私は微妙に納得できずでした(ごめんなさい)。
    階段って本当に危険で笑い事では済ませれない場合もありますから。
    ここの場面が引っかかり☆4です。

    掲載日:2014/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私はお母さんです。
    お母さんも泣くよ!って思っちゃいました。
    人間だもの。
    むしろ、お母さんになったら涙腺ゆるみます。
    たしかに、子どもの前では強くありたいと
    そういう気持ちはあります。
    でも、こんなふうにはなれないなって思っちゃいました。
    もっともっと子どもとはガチでつきあっていきたい。
    でも、大勢に読み聞かせして
    ほんわかするにはいいかもしれないと思います。
    あったかい絵です。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣かないおかあさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    こどもから見るとおかあさんは強い存在に見えるのかなーと思いました。
    私も母親ですがたしかにこどもの前では泣きませんね。
    おかあさんの性格にもよるのでしょうが、この絵本のおかあさんは泣かないおかあさんなようです。本当はわかりませんがこどもの前では強くありたいとするおかあさんなのかもしれませんね。
    こどもにパワーを分けてもらいつつ、私も「おかあさん」をがんばろうと思いました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • うれしいとき、悲しいとき

     おかあさんは、どうして泣かないの?たしかにそうですね。ちょっとけがをしたくらいでは、泣きません。
     おかあさんと女の子の会話がほほえましいなと思いました。
     痛いときの涙、うれしいときの涙、悲しいときの涙、いつか女の子にもわかるときがくるのでしょうね。
     やさしい色合いの絵に、しみじみしました。 
     
     やっぱりおかあさん、そしておとうさんにとっても、子どもが元気でいてくれることが、いちばんうれしいです。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット