ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

かしわばやしの夜」 みんなの声

かしわばやしの夜 文:宮澤 賢治
画:佐藤 国男
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,301+税
発行日:1987年12月
ISBN:9784828813073
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「かしわばやしの夜」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まるでオペレッタ

    小林敏也氏の絵ではなく
    佐藤国男氏の版画の絵本です

    なんとも独特です
    でも、怪しい雰囲気がぴったりなんです

    カバーに
    詩人生野幸吉氏が解説していて
    「オペレッタ」のようーとのこと
    なるほど
    そうかも!

    何で???

    って、思ってはいけない(^^ゞ
    なんだかわからない世界を
    楽しむ感じですよね
    オノマトペ「カンカラカンのカアン」や
    風にふかれて「すいすいすい」
    風にふかれて「さんさんさん」
    霧、「ぽっしゃん ぽっしゃん ぽっしゃん」・・・等

    不思議な感性です

    風の又三郎のような節も出てきます

    フクロウ
    山の木々
    「見下す」感じ
    1等賞から順列を決めてみたり

    そうかと思うと
    何度も同じやりとりを繰り返す
    お笑い!?みたいな

    絵描きは、賢治自身なのかな?

    この時代に、どうしてこうな感性を
    表現出来たのか
    本当に感心してしまいます

    版画もとにかく雰囲気ぴったり
    荒削りな雰囲気
    動き出すようなデッサンです

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 佐藤国男さんの版画絵が素晴らしいです

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    とにかく、佐藤国男さんの版画絵がすごく良かったです。

    「このシリーズは宮沢賢治作品をただの、子どもの童話としてではなく、どんな年齢の人でも読めるようにと考えて作った」ようなことが書いてありました。

    賢治作品は小学校の教科書などにも出てくるので、
    名前を知っているお子さんも多いと思いますが、
    改めてじっくり読むと、なんだか意外と難しいこといってますよね〜。まぁ、時代が時代だったから、
    童話一つ書くのにも、堅苦しい言葉遣いだったんだろうとは
    思いますけど。正直、私にはこの話、なかなか難しかったです。
    そして、この絵本を読むまで、知らない話でした。
    子どもに読むなら高学年以上でないと、ちゃんと伝わらないかと思います。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット