ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし」 みんなの声

ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし 再話:ダイアン・ホフマイアー
絵:ピート・フロブラー
訳:さくま ゆみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年05月29日
ISBN:9784895728584
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 9歳になったばかりの息子がどんな反応をするのかと、久しぶりに読み聞かせてみました。「ボジャビ」という言葉も音も日本語としては不思議なので、最初は、シマウマと同じように思い出せずにいたのが、面白かったです。

    絵がとても斬新だなと思いました。絵を描いた方も南アフリカの方なんですね。とてもユニークな絵で驚きました。そして、なんども繰り返されるボジャビの木の説明で、アフリカの人にとって、マンゴーは甘い匂いを放つもの、メロンは大きく、ザクロがみずみずしいものなのか!と、ちょっと驚きました。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私は割とそそっかしい正確なので

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    ゆっくりでいいから正確に、と言われるのはこの為か、と思いました。結局木の名前を忘れずに戻ってこれたのはカメさんでした。早けりゃいいってもんじゃないですね!しかし何だかんだでライオンさんも優しい方ですね。

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  •  干ばつで食べ物がないアフリカの平原。そこに、美味しそうな木の実がなっている木が一本だけありました。でも、大きな蛇が幹に巻き付いていて実をとることができません。どいて貰うには、「この木の名前を言わないといけない」と言われて、動物たちは困ってしまいます。

     この事態を見事に解決したのは、小さなカメでした。シマウマもサルも象も駄目だったのに・・。カメは、この木の名前をライオンから聞き出し、遠い道のりを歩く間も、その名前を忘れずに帰ったのです。エライ!

     カメのおかげで動物たちは、美味しい木の実をおなかいっぱい食べることができました。

     小さなものが活躍する話は、小さい子どもにとって、とても満足感があると思います。絵も、動物たちの表情が豊かで面白いです。最後の、ボジャビの歌に上手くメロディをつけると、より楽しく読めると思います。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにいいかも!

    美味しそうな実がなる木に大きなへびが巻き付いています。
    動物たちはみなその実が食べたいのに、へびが邪魔で取れません。へびは木の名前を当てたらどくと約束してくれたので、動物たちはライオンに木の名前を聞きにいきます。
    昔話らしいストーリーですが、絵が今風でシャレています。文も絵、南アフリカで生まれた作家さんということで、雰囲気たっぷり。読む方もなんだか楽しくなってくる絵本です。
    これは小学校の読み聞かせにぜひ使いたいなぁと思いました。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 途中で名前が変わっちゃう面白さ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳、

    これはアフリカの昔話をダイアン・ホフマイアーさんという方が再話した作品で、絵はピート・フロブラーさん、邦訳はさくまゆみこさんでした。
    アフリカらしい、草原に生きるたくさんの動物たちがと登場し、広い大陸ならではの時感の流れのゆったり感を感じる内容でした。

    言葉遊びの伝言ゲームのような楽しさもあるので、日本の昔話でいったらこのお話は
    「団子むこ」「ぼたもち」(地方によってお話のタイトルが若干違う)などと同等の道中が長くて、目的地に着いた時、元の名前を忘れていた。というパターンで、
    こういうお話は会話のリズムが楽しいので、一人読みで黙読するより、音読してあげた方が子どもたちにはいいかな〜と、思いました。
    若干遠目の利きにくい、薄い色彩ですが、光の加減など気を付けて、読み聞かせなどで使てみても、楽しそうです。
    小学校の高学年くらいからお薦めします。

    掲載日:2013/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • アフリカの昔話
     
    さすがに いろんな動物たちが登場しおもしろい

    大きなヘビが木にとぐろを巻いていて、「木の名前をいってごらん」そしたら おいしい実をあげるというのですが・・・
    木のなまえは ライオンのおうさまが知っていて シマウマ サル ゾウが聞いてくるのですが・・・
    途中で名前を忘れてしまうのです
    それぞれ 自分が賢いと思っているんですが・・・
    ここは お話しの世界のおもしろいところ 
    木の名前を言うところが なかなか ユニークな名前に変わっていて
    おもしろい!

    絵は動物たちの表情が出ていて  ライオンの王様の顔は迫力満点

    「ボジャビ」

    カメはひいひいおばあさんの教えをちゃんを覚えていて なかなかの利口者です

    名前を言い続けて 歌をうたいながら ようじんぶかく ゆっくり あるいたので つまずきもせず ほかのことに 気をとられ わすれることもなく 
    集中力のすばらしさ!!

    ボジャビの歌を聴いてへびはとぐろを ほどいて みんなは おいしい果物にありつけ めでたし めでたし

    カメはみんなに認められたんですね

    表 表紙のへびの色気にたじたじの 王様 ライオンが笑えます
    絵本の絵も充分に楽しめました
    (お話しだけでも、充分たのしめますが・・・) 

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残念乍ら「絵本ナビ」ではまだ掲載されていないアフリカの昔話を元に書かれた絵本です。お話は単純で、干ばつ状態の処に見つけた果樹を取りたいのだけど、その木に巻き付いている蛇がいるので、食べられない。蛇は「この木の名前を言えば、木から離れてあげる」という訳です。木の名前は王様(ライオン)が知っているので、いろんな動物が聞きに行くのですが、帰ってくるとみんな忘れちゃう。
    ちゃんと聞いて来られた動物、それは・・・。日本の昔話にも同じ動物が活躍するお話しがあって、通じるところがあります。それは何?はナイショにして置きたいと思います。
    木の名前は「ボジャビ」というのですが、この響きが大変面白く、またいろんな動物が間違ってしまう木の名前が先ず面白いです。また、いろんな動物の絵が楽しく描かれています。目からも耳からも楽しめる絵本で、読み聞かせには大変良い本だと思います。絵本ナビさん、紹介してくださいね。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット