かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

さいこうのスパイス」 みんなの声

さいこうのスパイス 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年08月01日
ISBN:9784569783406
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,045
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美味しい料理を食べるためには、素晴らしい食材やスパイスだけでは足りないことを知りました。
    なるほどの最高のスパイスは、ちょっと違っていましたが、誰もが納得できるものではないでしょうか。
    毛並みも悪くなるほどに落ち込んでいた名コックのオオカミ君の、最後の大逆転に拍手拍手です。

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • さいこうのスパイスに納得!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    どんな料理を食べても「まずい!」なリスのぼっちゃんのために料理を作るオオカミシェフ。はたして…?
    さいこうのスパイスは予想がつきましたが、やっぱり納得できるものでした。
    あたたかいお話で、大人ですが気に入りました。
    図書館で借りて読んだのですが、購入しようかと思います。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • クマさんが教えてくれた最高のスパイス!

    どんな料理を食べても「まずい」というリスの坊ちゃん。
    そんな坊ちゃんのために、おいしい料理を作って欲しいと頼まれたオオカミのシェフ。
    オオカミは腕によりをかけて自慢の料理を作りましたが、
    リスの坊ちゃんは、一通り食べた後に「まずい」と一言。
    プライドが砕け散ったオオカミシェフは、
    絶対においしいと言わせてみせる!!と躍起になりますが・・・?!

    文章のテンポの良さ・面白さに、あっという間に読んでしまいました。
    とにかく言葉のセンスがいいんです!
    ちょっとニヒル(?)な感じだけどとっても純粋なオオカミのシェフと、
    リスの坊ちゃんを心から心配する執事さんとのコミカルな掛け合いなど、
    とても場面がイキイキと描かれていて惹きこまれました。

    料理をおいしくする最高のスパイスは・・・ね!(^^)-☆
    クマさんの温かい心が教えてくれた最高のスパイス!
    読んでいてうんうん!と頷いちゃいました♪
    こういうお話、大好きです!!

    9歳の長女も、「このお話いいね〜!」と言っていました。
    登場人物(動物)のキャラクターたちがお互いにキラキラと光る
    素敵なお話です。
    絵も素敵で、ユーモアもあって本当にオススメの一冊でした(^▽^)!

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな料理を食べても「まずい」というリスの坊っちゃんの為に、オオカミシェフが自慢の料理を作りますが、果たして・・・?

    これは絵本ではなく児童書になるのですが、文字も大きいので低学年でも読みやすいと思います。

    そしてお話自体がすごくいいです。
    どんな美味しい料理を食べても「まずい」としか言わないリスの坊っちゃん。その理由は?そしてオオカミは「おいしい」と言わせることが出来るのか?続きが気になって、一気に最後まで読み進められます。

    お話に出てくる名前も洒落ていて素敵です。 「カナノリーモ・カフェ」、逆さまから読むと「森の中カフェ」!他にも「トンガッタホルン」とか「おいし草」とかセンスの良さが光ります。

    おいしい食事をする秘密は、ほどよい空腹と、同じ料理を囲みながら一緒に楽しい時間を過ごすこと!それこそが最高のスパイスだったのですね☆

    亀岡亜希子さんの優しさあふれる挿絵もすごく素敵で、出来ることならオールカラーで読みたかったくらい、完成度の高い作品だと思います。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいおおかみ

    図書館の新かんコーナーにありました。
    みんながえがおになってしまう料理をつくれるおおかみが、どんなりょうりを食べても「まずい」というりすのぼっちゃんのしつじに、おいしいりょうりをつくってほしいとおねがいされます。
    おおかみはじまんのりょうりを作りましたが、「まずい」と言われてしまい、「おいしい」といわれるまでがんばりました。
    コックさんのぼうしをかぶって、赤いスカーフをしたおおかみがかっこよかったです。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのおきゃくさま / なにをたべてきたの? / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 3
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 2

全ページためしよみ
年齢別絵本セット