だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

パオちゃんのぼくもだっこ」 みんなの声

パオちゃんのぼくもだっこ 作・絵:なかがわ みちこ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1982年
ISBN:9784569586670
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,373
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • うさぎのおじさんがんばりました

    だっこって良いですね。
    少しの間、会わなくても、どのくらい大きくなったかな?
    と、だっこをすれば、するほうもされるほうも、親近感がぐんとわきますね。
    パオちゃんはぞうだから、大きいけれど、うさぎのおじさんも
    一生懸命頑張ってくれたのですね。
    だっこしてもらったみんなもとても満足そうな顔で
    抱っこって良いなと思える絵本でした。

    掲載日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • だっこして!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    うさぎのおじさんが来て、みんなをだっこしてくれます。ぞうのパオちゃんも「ぼくもだっこ!」というわけなのですが…。こどもとはいえ、ぞうのこどもはうさぎには荷が重いかな。
    この絵本は私も幼いころに読んでもらった記憶があり、読んでいてなつかしいなーと思いました。親子で楽しめて幸せです。

    掲載日:2015/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抱っこしてほしくなる本

    • みちゃママさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    パオちゃんシリーズのキャンプ編が好反応だったのでこちらも借りてみました。
    読み終わり、息子から抱っこのリクエストが。
    子供ながらの魅力がある本ですね。
    内容はシンプルですがオチもあるので大人も一緒に楽しめると思います。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • だっこ大好き

    だっこがテーマの絵本です。

    一人が抱っこしてもらったことがきっかけで

    みんなもだっこしてという流れになります。

    パオちゃんが子供のぞうですが、

    子供といえども重いのは想像できます。

    さあどうやって持ち上げるか、そこが見ものです。

    最後のページで食べているドーナツの形も

    いいですね。にこにこしながら見てくれました。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおはなし

    おおきな体、でも甘えん坊でかわいいパオちゃん
    みんなが抱っこしてもらってたら
    自分もって思いますよね。
    子供は、そこに共感できるようです。

    そして、抱っこしてもらってるパオちゃんと
    抱っこしているおじさんの
    体の大きさや表情が
    あまりにも正反対なのが面白いですよね。

    最後は、ぺちゃんこのおじさんと
    ぺちゃんこのおみやげのドーナツを食べる
    そんなことありえないのに
    パオちゃんならあるかもしれないと思えるのが
    楽しさのひみつのように思います。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • だっこで大きくなったかな

    ぞうのパオちゃんがみんなと遊んでいると、
    うさぎのおじさんがやってきて
    「どのくらいおおきくなったかな?だっこしてみよう」と
    あひるちゃん、うさぎちゃん、ぺんぎんちゃん・わにちゃん、
    ぱおちゃん、それぞれ抱っこしますが・・・?!

    「大きくなったね」と言葉だけではなく、
    「大きくなったかな?抱っこしてみよう」
    うさぎのおじさんの姿がとても素敵です。
    こんな風に、子どもの成長を感じたいですね。
    息子は抱っこのシーンでは笑顔でしたが、
    ぺちゃんこになってしまったうさぎのおじさんが心配な様子。
    「うさぎのおじさんどうしたのかなあ」と毎回聞いてきます。

    なんだかちょっとクスッと笑ってしまうけれど、
    とても温かい気持ちになれる一冊です。

    掲載日:2012/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 爆笑

    子どもの心をつかむパオちゃんシリーズの絵本です。
    うさぎのおじさんが子ども達を次々に抱っこ。
    大きな象のパオちゃんも抱っこをせがみますが…
    おじさんはぺったんこ!
    お土産のドーナツもぺったんこになってしまいます。
    そのドーナツを食べる時に「ぺったんこでもおいしいね♪」という台詞が…
    私が思わず「そこ?(反応するとこそこ?おじさんの心配は?)」と大爆笑しちゃったので、娘も釣られて大笑い!
    最後、パオちゃんにおぶってもらっているおじさんがちょっと膨らんだみたいな様子なのもツボで「戻ってるね〜」と大爆笑。
    面白い絵本です。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんだん大きくなるよ〜

    ウサギのおじさんがぱおちゃんのお友達を順番に抱っこしていきます。
    娘は、まだ大きい順に・・・などは認識していないと思うのですが、
    この本を読むと、「だんだん大きくなるね」「大きくて重たいね」というようになりました。この本を読んだときだけの会話ですが、日常でも生かされそうです。
    そしてストーリーは、子どもの素直な気持ちがそのまま出ていて楽しいです。
    最後のオチと、おじさんの表情がとってもユーモラスな作品です。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抱っこはうれしいね

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    ぞうのパオちゃんシリーズはこどもたちに人気があります。

    1歳の歩きはじめたぐらいの子もパオちゃんがページに出るたびに指差しにきて喜んでいました。

    パオちゃんのおともだちのうさぎちゃん。うさぎちゃんのおじさんが遊びに来て「みんなどれぐらい大きくなったかな?抱っこしてみよう」って言うんです。

    うれしくて・・みんなが抱っこしてもらうのを待っています!

    子供って抱っこ大好きだし、ほかの子がされているのを見るとよけいに
    してほしくなるものですよね。

    そんな子どもの気持ちがギュッと詰まった楽しい絵本です。

    うさぎのおじさん、がんばってみんなを抱っこしてくれます。

    でも表情に変化が・・・3歳ともなれば、大きい小さい、がわかるので

    うさぎのおじさんの大変さがよくわかるようで・・『抱っこできるのかな?』ってドキドキしてみるのがまたおもしろいようでした。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    以前にも同主人公パオちゃんが登場する他のシリーズ絵本を読んだことがあり、親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。主人公たちの成長の目覚ましさを感じられる絵本でした。叔父さんが倒れてしまうほど逞しく元気に成長した主人公達に嬉しくなりました。子供って素晴らしいな!と感じられる絵本でした。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット