モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ググさんとあかいボタン」 みんなの声

ググさんとあかいボタン 作:キム ミンジ
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年06月25日
ISBN:9784864840408
評価スコア 4
評価ランキング 19,440
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 物にも命がある

    もぐらの洋服屋さん!
    土の中なのにとっても繁盛していて、何だか明るいのです。
    素敵な洋服もいっぱい。
    いいな、いいな。私も行ってみたい。

    そのもぐらさんお気に入りの、ジャケットのボタンが知らない間に落っこちて、
    ねずみさんのカバンに入ってしまって・・・というあらすじです。

    ボタンが他の“とれてしまった迷子のボタンたち”に出会うシーンでは、
    「ごめんね、私のボタンもこの中に居るのかも・・・」なんて思ってしまいました。
    ボタンって、いつの間にか取れてしまうんですよね。

    でも最後には、このボタンたちもみんな幸せになれてホッとしました。

    物にも命があると、子どもの頃はそう教えられました。
    短くて使えなくなった鉛筆も、なかなか捨てられなかった記憶があります。

    大人になると忘れてしまいがちですが、大切な事ですよね。
    この絵本を読んで、久しぶりに思い出せました。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ボタンだって大事!

    ボタンって、いつの間にか取れてる時もあるし、

    けっこうギリギリまで放ったらかしだったりします。

    でも、ボタンがなくなったことで着れなくなった

    服もあるので、やっぱり大事ですね。

    そんなボタンを大事にしてくれる、ググさんは

    とってもすてきです、、

    ググさんはもぐらなので地下に店がありますが、

    ねずみとか、もぐら、へびなどの、

    地下に住む生き物がお客さん。

    オシャレな格好をしたお客さんも見ものです。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な気持ち

    もぐらググさんの洋服屋は可愛い物がいっぱいあって
    何度も何度も見たくなる。

    とにかくググさんもボタンも可愛くて抱きしめたくなります。

    可愛い表現や美しい色感が大好きですが、
    ボタンが大好きな私に嬉しい本でした。

    忘れたボタンを探してくれるググさんの心も
    頑張って待てるボタンの気持ちも暖かいです。

    物も、そして近くにいる存在の大切さについて
    もう一度考える暖かい時間になりました。

    プレゼントしたくなる絵本です。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット