ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぐっすりメーメさんとあらくれアリー」 みんなの声

ぐっすりメーメさんとあらくれアリー 作:マウリ・クンナス
訳:いながき みはる
出版社:猫の言葉社
本体価格:\1,800+税
発行日:2013年07月31日
ISBN:9784904196113
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「ぐっすりメーメさんとあらくれアリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいです。

    「ぐっすりメーメさんの夜のお散歩」と一緒に借りました。こちらの方を後に読んだのですが、こっちを先に読んだらよかったのかな?

    「夜のお散歩」を読んだ後にすぐ読んだのですが、長女はこちらも大笑い。メーメさんが憎めないんです(笑)この絵本は読んでて私もウキウキドキドキします。とっても楽しくて早く次のページがめくりたい衝動に(笑)

    あと1冊必ず次借りてきます。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • メーメさんの世界にすいこまれていくよう

    ぐっすりメーメさんのシリーズは、おもしろくて大好きです。この本も、読みはじめる前に、妹と弟ときょうだいでとりあいをしました。
    本の表紙のページをひらけば、ぐっすりメーメさんの世界にすいこまれていくような感じになります。
    おはなしの主人公はもちろんメーメさんですが、あらくれアリーもとうじょうして、おおさわぎ。あらくれアリーは、オートバイの芸をみせる仕事をしています。78台のじどうしゃをとびこえることになりました。アリーがそれをとびこえたのか、ぐっすりメーメさんがどんなかつやくをしたのか。ドキドキでした。

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見返しからもう楽しい

    親子でマウリ・クンナスさんの絵本の大ファン。とくに「ぐっすりメーメさん」が大好きです。またぐっすりメーメさんに会うことができて、とてもうれしいです。
    表紙の見返しから、もう楽しいです。メーメさんが住むタッスラの町の様子が詳しく描かれていて、あちこち細かく見ていたら、あっという間に時間がたってしまいました。
    今回は、町に移動遊園地がやってくるというおはなしです。あらくれアリーがオートバイに乗って、78台の自動車を飛び越えるという記録に挑戦します。でもやっぱり、ぐっすりメーメさんに話題をかっさらわれてしまいます。
    「ぐっすりメーメさん」恐るべし。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット