もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

たのしいホッキーファミリー!」 みんなの声

たのしいホッキーファミリー! 作・絵:レイン・スミス
訳:青山 南
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1995年
ISBN:9784593503261
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,053
みんなの声 総数 7
「たのしいホッキーファミリー!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 五味太郎さん→ぼのぼの→この絵本

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳

    先日、五味太郎さんの『絵本をよんでみる』『絵本をよみつづけてみる』を読んでみました。
    たくさんの絵本が紹介されている中に、マンガが2冊混ざっていました。
    そのマンガとは・・・???

    『ぼのぼの』です!実は私のニックネーム『ぼの』は、この『ぼのぼの』から失敬しています。
    あの五味さんが、『ぼのぼの』を知っていること自体、何だか妙にうれしくて・・・しかも、この『ホッキーファミリー』とテイストが似てるとおっしゃっていたので、すご〜く読んでみたくなりました。

    で・・・久々に家族5人、大ウケ、バカウケ、大笑いしました〜!
    いやあ、本当に、おもしろかったです。
    ブラックユーモアが、たまらなく心地いいです。
    特に、いとこのスティンキー(だけでなく、その家族も・・・)の登場には、お腹の皮がよじれました。

    続編も出てるんですね?!さっそく、読んでみたいです。

    掲載日:2006/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 作者紹介まで面白い

    『三びきのコブタのほんとうの話』や『くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話』などを読んで、レイン・スミスが描くちょっとシュールでユーモアたっぷりの絵が大好きになったので、他の作品も読みたいと思っていました。
    こちらはオシャレで可愛らしい絵ですが、やっぱりただ者じゃないかんじもあります。
    短編形式で、家族のいろんなエピソードが語られます。ちょっとブラックな部分もあって、大人は思わずニンマリ。子供の方は素直にシンプルで楽しいイラストを楽しんでいるといった感じです。
    裏表紙の折り返し部分に、レイン・スミスの紹介文があるのですが、これもまたシャレが効いていて面白かったです。

    掲載日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんすぎて・・・

    家族ごとのショートストーリーがたくさん載っている絵本でした。子供はこのお話のシリーズを初めて読んだので、家族もなかなか把握できなかったし、すぐに話が変わってしまうので少し物足らなさそうに聞いていました。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 究極のポジティブシンキング

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    嫌なことや悲しいことがあっても、こんなふうに気持ちを切り替えていければ、人生楽しいです。
    すばらしいと思います。

    相手を傷つけたり、怒られたりしないで、自分の希望を通せるのもすばらしいです。

    これを読めば、悩んでいる子どもたちの助けになると思います。
    こんな考え方、対処の仕方があるんだと目からうろこです。

    この紙の質がいいです。
    色あいも素敵です。
    ぜひ、高学年以上の子どもに読んでもらいたいです。
    きっと、癒されると思います。
    もちろん、大人もです。

    掲載日:2007/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 転んでも立ち上がる!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    一見、普通の家族ですが、本当のところは、とても逞しい一家の物語です。
    なにしろ、赤ちゃんも含めて、一筋縄ではいきません。
    自分に不幸が襲ってきても、すぐに立ち直る、その立ち直りの速さと来たら目を見張るものがあります。
    だって、自慢の赤い風船が割れてがっくりすると思いきや、次の瞬間に、(わずかに手に残った)風船のひも自慢に切り替えてしまうなんて、逞しいでしょう?
    全編こんな逞しさに溢れていて、読んでいる方も、スカッとします。
    日本の家族が主人公だったら、この内容は、たとえ物語りでもしっくりきません。まさにアメリカ!といった感じの物語です。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一発ジョーク?

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子8歳

    いや〜、プププッと笑わせてくれました。
    風変わりなホッキーファミリーですが
    我が家でもあるあるとか、分かる分かるなんていう
    シーンもあります。
    単なるファンタジーでは終わらせてくれません。
    ブラックユーモアに溢れています。
    オチがすごいんです。
    ちょっとしたクイズ形式もあったり。

    ホッキー一家の子供達がきっと、のびのびしているからでしょうね。
    のびのびしすぎて恐いとも言う...。
    一ファンとしては、動物園に行った後の犬の
    ニュートンの行方が気になるんですけど...。
    あまり深く考えないほうが無難かな。
    「いなかへいく!」もぜひ読んでみたくなりました。

    掲載日:2006/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の宝物

    『たのしいホッキーファミリー、いなかへいく!』の前作
    もちろん、同時に購入しました。

    とても、イラストが可愛い!
    そして、絵本の手触りがとてもいい感じです。
    イラストを見て、ホッとし、
    絵本を手にとって、満足しています。

    お話しの内容は・・・・・
    ちょっと、変わった家族。なんですねぇ。
    とにかく、面白&楽しいです。

    最後のページで、赤ちゃんの乳歯が。
    実は、うちのおにいちゃんも乳歯が!
    家族で大笑いでした。

    掲載日:2006/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット