庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ちいさなしろいさかな」 みんなの声

ちいさなしろいさかな 作・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳:ひしき あきらこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2004年
ISBN:9784577028742
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,446
みんなの声 総数 15
「ちいさなしろいさかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おかあさんも捜してくれてたね!

    小さな白い魚が、海の中でおかあさんを捜しています。海の中を黒に描いているので出会う魚がとても目立っていいです。白い魚も背中の虹色模様がとても綺麗です。出会った魚が、自分の色を教えてくれるので、色を学ぶことが出来ます。「あなたは 僕の おかあさん?」の繰り返しが、心地良く聞こえます。「ぼうや、やっと見つけたわ」やっぱり、おかあさんも必死で、ぼうやを捜していたんですね!ぼうやもおかあさんも自分の背中の虹色模様が満足でよかったです。愛情がいっぱい感じられてよかったです。

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 鮮やかな色づかいが良い

    しろいさかなの子どもがお母さんをさがすお話。
    とてもシンプルでしかも鮮やかな色づかいで描かれた海の生き物たちが子どもの目をひきつけるようです。

    文章も短く簡潔で、それぞれのページで繰り返しのいいまわしが続くので子どもも覚えやすく、娘はすぐに覚えてひとりでも読むし、私にも読んでくれます。

    この本は色の勉強にもなるので、色の名前や生き物の名前を覚える3歳くらいまでに読むととても楽しめる本だと思います。

    掲載日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 色使いも繰り返しもいいですね

    シリーズものなんですね?

    小さい子用なのかな?
    と、図書館で見つけたので
    借りてきました

    白い?
    でも頭から背中にかけて
    虹色では?
    と、気になります

    表紙を開くと
    また虹色・・・

    出会う魚は、いろんな色です
    黒い海なので
    パッとした色で
    大きな絵で
    インパクトがあります

    繰り返しのリズムや
    「色」も言うのもおもしろいですね

    で・・・
    おかあさんも探してくれていたんだ!
    背中がとってもきれい!って
    やっぱり〜
    って、思っちゃうのがいいのかな

    小さい子からOKですね
    他のシリーズ本も見てみたいです

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    かわいい海の行くものがたくさん登場してきてとってもかわいかったです。絵もとってもポップな色使いで、良かったです。カラフルな色使いなので子供の感性とかにもいい刺激になっていいと思いました。このシリーズ全部読んでみたいです!!

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切り絵が色鮮やか

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    小さな白い魚が海の中で自分の母親を探すお話です

    登場してくる海の生物がみな、色鮮やかで小さな子供でも楽しめますね
    色の名前も合わせてわかる構成になってますし・・・

    しろいさかなの背に、出会った生物の色がほんのりついていて、お母さんとの出会いでそれもまたはっきりと出てくるんです

    お話もわかりやすいので小さな子への読み聞かせしやすいかも

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黒色の使い方が絶妙

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ヒド・ファン・ヘネヒテンは、ベルギーの絵本作家。
    幼児・低学年向けの絵本を次々と執筆しており、世界的な人気絵本作家で、彼の本は世界30カ国以上で翻訳されているそうです。
    彼の作品では、「ずっとママといっしょがいいの」が、印象に残っています。

    物語は、小さい白いさかなが、おかあさんを捜すシーンから始まります。
    何と言っても、背景が黒だということに度肝を抜かれます。
    海中を黒で表現しているのですが、それが、意外にも、白のさかなとか、登場する色鮮やかな海の生物を際立たせていることに、効果絶大です。
    このテイストの絵は、中々お目にかかれません。

    小さな白いさかなが、出合った海の生物に
    「あなたは ぼくの おかあさん?」
    と尋ねると、違うと答えて、
    必ず、「色も こんなに 〇〇よ」と言うのです。

    形だけでなく、色の違いにも目を向けることが出来るので、学ぶことに繋がる絵本です。
    おかあさんとの出会いでエンディングを迎えるのですが、実は、さかなは白ではなく、グラデーションがかった色合いだったことに気付き、一寸したサプライズでした。

    良くありがちなストーリーでありますが、その色の使い方に卓越したものを感じます。
    くっきりとした絵と色なので、小さいお子さんでも充分楽しめると思います。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色は楽しめますが・・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    ちいさなしろいさかなが、お母さんを探します。
    色んな生き物に「あなたは ぼくの おかあさん?」と尋ねてまわるのです。
    そして最後にお母さん登場。

    色を楽しむという点では、黒いバックにカラフルな色が映えていて素敵だと思いますが、もう少し“ひねり”がほしいなという印象です。
    お母さんも、驚くほどあっけなく登場しちゃうし、起承転結の【転】があればもっと面白いのになぁと思います。

    海外の絵本に起承転結を求めるのが間違っている気もしますが(^^;

    掲載日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • レインボー☆

    • ぴちこんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、男の子2歳

    しろいさかなの子どもが海の中をおかあさんを探していくというお話です。
    次々と出てくる海の生き物たちに「あなたはぼくのおかあさん?」と問いかけますが、生き物たちは優しく声をかけてあげていて心温まります。
    最後まで読んだところで実は白くなかったっていう衝撃の?!事実があったり、色と生き物とのつながりが隠されていたってことを知った子どもたちのちょっと得意げな反応が面白かったです。
    0歳児から読んであげてもいいなぁと思いました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    同主人公が登場する他のシリーズを以前読んだ事があり、親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。表紙の光の当たり方が素敵だなと思いました。題名の色が主人公の体の色に反応してキラキラしている所が良いと思いました。主人公の探し物の御蔭で海にすむ様々な生物を見る事が出来て嬉しかったです。それぞれの持つ自然の色が重なり合って海の仲間はまるで宝石箱の様でとても綺麗でした。お母さんの優しい笑顔も素敵でした。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0歳2ヶ月の娘が見つめる絵本です

    • 那由他さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、女の子0歳

    この絵本を書店で偶然見つけた時、表紙はともかく、中身も背景が黒いことに驚きました。でも、それが娘にとっては、見る対象が絞りやすかったみたいです。お話も単純明快だし、頁数も多くないのも良かったのかなと思いました。出てくる海の生き物達は、色がはっきりしていて見やすいし、母親の私が気に入っているところは、最後のページの親子の会話です。たまたま買った本ですが、私と娘にとってお気に入りの一冊になりました。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット