庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

めだまとやぎ」 みんなの声

めだまとやぎ 文・絵:にし かなこ
出版社:LD&K
本体価格:\1,800+税
発行日:2012年10月30日
ISBN:9784905312314
評価スコア 4
評価ランキング 19,442
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 初めて出会う衝撃!!

    可愛い絵だなあ と思って開きましたが、衝撃の連続でした。

    ヤギが上品な言葉遣いで喋る・・・のも良いのですが、
    ヤギとおじいさんが会話出来る・・・ところも良いのですが、

    くしゃみをした瞬間に飛んでいってしまったおじいさんの目玉を、
    二匹が探しに行くなんて!!

    しかも、思ったよりもかなり長い旅。
    色んな目玉に出会いますが、なかなか見つかりません。

    発見した場所にもあっと驚きましたが、
    ようやく見つけた目玉を、ヤギが・・・・!

    これには、今まで感じたことのない衝撃を受けました。
    絵本でこんな衝撃を味わう日が来るとは・・・。

    小さなお子さん向けではないかもしれません。
    ですが、妙に心に残ります。一生忘れられない絵本になりました。

    色々なかたに読んでもらいたい絵本です。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 個性的な絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    おじいさんのめだまが飛んでいったのにもびっくりしましたがラストにもびっくりしました。
    予想外の展開で個性的な絵本だなと思いました。
    あまり読んだことがないお話です。
    この2匹のやぎもたんたんとしているところがまたいいですね。
    印象に残る絵本でした。

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュールなヤギ

     とてもシュールなお話でした。
     お話のはじまりは、おじいさんの「めだま」が飛び出すところから、びっくりです。その「めだま」」をヤギが探しに行くという、、、。

     ヤギたちのやりとりに、クスッと笑ってしまいました。
     やっと見つけた「めだま」」をヤギたちは、なんと食べてしまう。それを手紙に書くヤギと、おじいさんの返事がおもしろいです。

     シュールながら、なんだかリラックスする絵本でした。
     大人が読んで、おもしろい絵本かなと思いました。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット