おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

こぐまのくうちゃん」 みんなの声

こぐまのくうちゃん 文:あまん きみこ
絵:黒井 健
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月27日
ISBN:9784494007639
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,472
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほわっと

    とっても仲良しなのに、すれちがってしまったふたり。
    こぐまのくうを通して、そんな時の気持ちを思い出しつつ読んでいました。
    そして、手助けをしてくれた存在におどろきました。なんて素敵! 
    黒井さんの絵もかわいくて、ほわっと優しい気持ちになりました。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい

    仲良しさんの2匹が、ふとした誤解ですれ違ってしまいました。
    その2匹の仲介をするのが、誤解のキッカケになってしまった花の花びらたち。
    2匹も花びらもこころ優しくて、あたたかい気持ちになります。じんわり心に伝わるお話でした。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな相手を思いやることは、誰でもできると

    思います。

    でも相手の気持ちすべてを把握するのは

    正直難しいと思います。

    この絵本は、お互いを思っているのに、

    ちょっとしたことですれ違ってしまうというお話です。

    相手を思えば思うほど、もどかしさは

    生まれると思いますが、誤解が解ければ

    またいい関係が続けられるということが

    つたわればいいと思います。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲直りできるよ

     ぴょんこちゃんに、おはなをプレゼントしようとしたくうちゃん。くうちゃん、カッコイイですね。でも、そのお花はぴょんこちゃんが、咲くのを楽しみにしていたお花だったのです。

     誤解やすれちがいって、よくあることですよね、、、。でも相手の気持ちをかんがえて、少し時間をかけたら、きっと仲直りできます。
     
     あたたかい色で描かれた絵と、ほんわかしたお話がよかったです。子どもはもちろん、おとなが読んでもしみじみしますね。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい

    ふわふわっとした優しい絵です。文章は思ったよりも長かったので息子はあまり好きでなかったみたいだけど。。お友達と気持ちがすれ違うことってありますよね。でも嫌いになったわけじゃなくて好きなまま。それをうまく仲直りするってどうするんだろう・・・。優しい絵なので女の子は好きだろうなと思いました。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手の気持ちを想像すること

    あまんさんと黒井さんの絵本ですから
    間違いない!
    と、図書館にリクエスト

    「かわいい・・・」がまず第一声
    ピンクのは、どうやら花びらのようです

    優しい気持ちが
    時として、うまく伝えられない時があります
    それもお互いに!!

    TVドラマのように
    「実は・・・」ということがわかればでしょうが
    なかなかそんなことはないわけで
    けんかしたりするわけだ

    読み手は、「違うのに・・・」と
    思って、やきもきしたり
    こぎつね3匹のからかいに
    いらいらしたり
    くうちゃんの立場に一緒になってしまいます

    でも、花びらの精?のお陰で・・・

    ファンタジーの世界と
    現実の世界が融合されています

    お友達との衝突があっても
    お友達の立場になって考えられるような
    くうちゃんたちみたいに育ってほしいです

    黒井さんの絵は、なんともいえません

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お花が仲介

    あまんきみこさんは
    『ちいちゃんのかげおくり』で有名だと思いますが、
    他の作品はあまり知りませんでした。

    今回黒井健さんの優しい絵とともに
    なかなおりの素敵な絵本を読ませていただきました。

    くうちゃんがぴょんこちゃんに
    プレゼントしようと
    お花を摘んだら
    偶然お友達のぴょんこちゃんも
    それをくうちゃんにプレゼントするために
    お花が咲くのを楽しみに待っていたのでした。

    誤解からはじまったけんか。
    仲直りにのきっかけに
    お花の精が仲介し、大活躍します。

    とっても素敵なおはなしでした。

    掲載日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット