十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

じゅっぴきでござる」 みんなの声

じゅっぴきでござる 作:エクトル・シエラ
絵:高畠 純
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年09月30日
ISBN:9784333026142
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,516
みんなの声 総数 21
「じゅっぴきでござる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • どんどん減っていきます

    このお話は、10匹からスタートしてどんどんおさるが減っていくお話でした。最終的にはゼロ匹になったのですが、また一気に100匹に増えました!!うちの子は習ったばっかりの掛け算を駆使して本当に100匹いるか確かめていました(笑)

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • はじめ10匹も居たさるが、

    「ざる」そばを食べ・・・
    バナナをあ「さる」・・・
    とげがさ「さる」・・・
    リハー「サル」へ・・・
    バ「ザール」へ・・・

    そんな理由で、どんどんいなくなってゆきます。

    とにかく、最初から最後まで、さる・さる・さる!
    途中で頭が混乱してきましたが、
    きっと小さな子どもにとっては、そんなところも楽しめると思います。

    そして最後には・・・!
    本当に100匹もいるのか、思わず数えてしまいました!

    まさしくこれは、
    ユーモアたっぷりの絵本、でござる!

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • さいこうで、ござる

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、男の子6歳

    毎朝、子どもたちを「朝だよ〜」と起こすのも芸がないので、
    「あさでござる〜!」と起こしているんですが。

    なんですと、「じゅっぴきでござる」って?しかも表紙に十匹のサル。
    すっごくダジャレのような、気配がします。
    次男坊も算数で十までや十を超える数を始めてるし。いいかも!

    ネタとしては、十人の○○、△△で一人いなくなって〜というものですが
    いや〜、いいです。これ。

    サル満載。最初っから最後まで。もう、著者欄までがサル!

    簡単な数の遊びもできるし、サルだし。
    いや〜、久々に笑えてためになって、さいこうでござる!

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • みざる きかざる いわざる

    おはなしきいてくださる?
    こんなふうに 言われたら 「ええ」て答えたくなるんです
    さるがじゅっぴき えっ? さるがそばたべるの?

    一匹ずつ減っていくのです・・・・それが笑えるんです!
    さるのおもしろさと おはなしのおもしろさが 絶妙なんです
    いっぴき みざるでござるは おとしあなにおちた〜

    この絵が実に良いタイミングで 笑えるんです
    さるたちの表情のおかしさ

    ・・・・・さるが いないとさびしいでござる

    そして ラストのオチに やられた〜と思いましたね

    おもしろい!

    エクトル・シエラさんはコロンビア出身のかただそうですが 他の絵本も是非とも読んでみたいと思いました

    これは 子どもたちも楽しんでくれそうな絵本だと ワクワクします

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 5歳の息子は一匹ずつ数えながら・・・

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子1歳

    サルを使ったダジャレ言葉に、毎回違うお猿さんのレイアウト。
    何か楽しいんです。なぜか、引き寄せられるんです。

    右ページのお猿さんたちを、一ぴきずつ数える息子、100のページも頑張ってました。

    レビューを書こうと検索したら、何と人気上位絵本に入っているではないですか!やはり!と、思うと同時に、この絵本の存在すら知らなかったので、そんな人気絵本だったと、びっくりもしました。

    掲載日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数と言葉であそぼ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    コロンビア出身の作家さん?ということで調べてみると、
    「国境なきアーティストたち」代表でもあり、日本語もお上手な方だそうですね。
    明るい作風はラテン系だからかもしれません。
    十匹のサルが登場し、ページが進むごと、ある言葉遊びでサルが消えていく趣向。
    おお、よおく見れば、文章に「さる」が隠れていますね。
    素晴らしい完成度に拍手!です。
    その軽妙さを両輪で支えているのが、高畠純さん。
    このサルたちの造形、見ているだけでも愉快です。
    気になるラストは、おお、こう来ましたか。
    圧巻のサルたち、一見の価値有りです。
    数と言葉であそぼ、という感じです。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    3歳の次男に全ページ試し読みで読みました。

    年齢の割に少し言葉がたどたどしい息子ですが、こういう言葉遊びのようなことは大好きなようです。だんだん猿が減ってくるのもおかしいようで、毎ページ興奮気味に聞いていました。

    試し読みを消さずに、立て続けに数回読むと、もう「おはなしを きいてくださる?」と独り言を言うように。

    楽しいです。

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア!!

    「おはなしをきいてくださる?」から始まるサルの絵本。
    あら何てきれいな言葉遣い!と思っていたら(笑)。
    「〜さる」の言葉遊び満載の絵本で楽しかったです!
    この絵本を読んだこどもは「〜でござる」が口癖になってしまう真似したくなってしまうのでは!?
    最後は「見ざる聞かざる言わざる」も出て来て,「さる」がいっぱいでした!!

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が高畠先生ということで選びました。

    もう一見開きめの おはなしを きいてくださる?″から、心を掴まれてしまいました。

    二見開きめ右側に10匹のさるが遊んでいます。
    次の見開き左側でさるが何かをしていて、右側ではさるが一匹欠かけています。
    もう、左側で今度のさるは、何をしているのだろう?とワクワク開きました。
    だじゃれのような、ユーモア満載のさるの行いに爆笑です。

    私は、いっぴき このページから とびさる″で、ひっくり返って笑ってしまいました。

    算数のお勉強のような、言葉遊びのような、ユーモア道場のような、とにかくページを捲るのが楽しくて楽しくてしょうがありません。

    100匹のさるには、とどめを刺されてしまいました。

    私は、高学年のお話会で紹介したいなと思っています。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    とても楽しい算数の絵本です。


    最初に10匹のさるたちがいて、それが1匹ずつ減っていって、最後には全部いなくなるというお話。引き算ということになるのかな?
    おもしろいのは、さるたちが1匹ずついなくなる、その理由!
    え?まさかそんな理由でいなくなったの?!と驚くものばかり。
    そして笑えるものばかり。


    算数とか数のお勉強とか考えずに、ストレートに楽しめばいいのですよね。そのうち自然に引き算の概念は身につくでしょうから。子どもたちはケラケラ笑いながら見ていました。

    掲載日:2015/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット