大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

すなばのスナドン」 みんなの声

すなばのスナドン 作・絵:宇治勲
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年09月
ISBN:9784799900499
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラストが最高でした。

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、男の子6歳

    兄ちゃんが在園していたころ。お迎えにいったりで幼稚園へ行くと…
    次男は「おすなば、あそぶぅ〜!!」って大興奮でした。

    なにしろ、近所の公園とかの砂場は…お世辞にもキレイとはいえず、
    遊ばせるのに勇気がいるほどのものだったので、幼稚園の砂場が
    次男の「お砂場デビュー」の場所でした。
    プラスチックの大きなスコップや、調理室で使ってたボウルなんかで
    ず〜っと遊んでました。

    そんな次男を思い出しちゃったのが、このすなばのスナドン。

    遠くの町から引っ越してきて、まだ友達がいないたっくん。
    公園へ来てみたけれど、だれも遊んでいない。
    仕方がないので、砂場でバケツプリンを作って遊んでいたら・・・
    砂場の砂が盛り上がってきて、「すなばのかみさま スナドン」が
    現れます。

    スナドンに「ともだちになって」じゃなくて、「けらいになれ」って
    言うところは、男の子だなぁ〜ってしみじみ。
    そこからのやりとりは、次男が小さいときの「おすなばぁ〜!!」を
    思い出してしまってほほえましい。

    でも、ほほえましいで終わらなかったラストがとっても気に入りました!

    掲載日:2013/10/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • ゴツ×ユル(?)

    引っ越して、まだともだちができていない たっくん。
    ひとり砂場で遊んでいると…

    「あっ!うしろっ!うしろっ!!」思わず、うちの娘が叫びました。

    現れたのは、なんと、こどものおねがいをきいてくれる かみさま??
    おともだちをつくるのが苦手だったり、新しい場所にまだ馴染めてない時、スナドンみたいな存在が居てくれたら、心強いですね!

    ゴツイのかユルイのか、ふしぎなスナドン。
    でも、つい心を許してしまいたくなる雰囲気…(笑)
    これは、ブレイクの予感!

    掲載日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 試し読みさせていただきました
    タイトルがおもしろい

    引っ越してきたばかりの男の子はまだ友達がいません 
    一人で砂場で遊んでいるとき現れたのが  スナドン
    おおきな 大きな すなばの かみさまだと言うのです
    たっくんと一緒に すべり台やブランコかくれんぼで遊んでくれるのですが・・・・・

    やっぱり 一番はお友達ができたこと   すなばのかみさまは やっぱり優しい神様ですね

    子どもにも 大人にも友達は大事ですね!

    あ〜よかったね  たっくん

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとヘンテコな神様だけど

    引っ越してきたばかりの、たっくん。
    なかなかお友達ができません。

    1人でお砂場を掘っていると、そのお砂場から・・・。

    スナドンの唐突な登場と「おっほほ、ほほほほ」という言葉に、
    思わず吹き出してしまいました。

    おっと、砂場の神様を笑ってはいけませんね。
    何しろ、子どもの願いを叶えてくれるのですから!

    そんなスナドンに、滑り台やかくれんぼがしたいとお願いするたっくん。
    でも、本当の願い事は・・・。

    ちょっとヘンテコな神様だけど、とっても優しい。
    スナドンがどうやってたっくんの願いを叶えるのかは、是非読んでみてください。
    意外な展開に、心が温かくなりました。

    良かったね、たっくん!

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつも見守ってくれているんだね

    遠くの町から引っ越してきたばかりのたっくんには、まだお友達が一人もいません。
    「つまんないなぁ」とつぶやきながら公園の砂場で砂遊びを始めると、砂がもこもこ動き始め、砂場の神様スナドンが現れて…?

    大きな卵型をした灰色の体に短い手足、つぶらな瞳とにんまりした大きな口、なぜか頭には黄色い小さなバケツを乗せた『砂場の神様スナドン』
    この体から漂う安心感とキャラクターは、タダモノではありません。

    一緒に遊ぶうち、友達がいないことを寂しそうに打ち明けたたっくんの気持ち、スナドンはちゃーんとわかってくれていたんですよね。
    念願のお友達ができたたっくんのとびきりの笑顔に、胸の中がほっこり温かくなりました。

    残念ながら我が家の近所の公園には、もうほとんど砂場がありません。
    「いたずらされるから」「ネコのトイレになってしまうから」というのが理由のようです。
    この絵本を読んで、昔遊んだ砂場のひんやりした感触を懐かしく思い出すことができました。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • スナドン最高!

    学童クラブで小学校1年生〜3年生(6歳から10歳)に読みました。みんな砂場で遊ぶのが大好きなせいかとても集中して聞いていました。
    主人公のたっくんに寄り添って、みんなが経験したことのあるトンネル堀りのあとにすてきな出会いが待っていたことにすごく笑顔になっていました。最後には、「あーあ」とか「ださっ」とつぶやく姿がありました。
    夢中になって聞いていたからこその、つっこみです。
    スナドン最高でした!

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おばけのバーバパパ / バスガエル / 希望の牧場

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット