モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

12種類の氷」 みんなの声

12種類の氷 文:エリン・ブライアン・オベッド
絵:バーバラ・マクリントック
訳:福本 友美子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年09月19日
ISBN:9784593505555
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 氷を通して冬の自然を味わいつくす

    私の記憶の中でスケートが出てくる児童文学で印象深いのは『若草物語』と『楽しいスケート遠足』です。湖や運河が凍ってそこでスケートができるということ自体、雪国で育ったことがない私にとっては未知の世界。

    そして今回読んだ『12種類の氷』もスケートが出てくる児童文学のラインナップとして私の記憶に留まることでしょう。

    お話の中に出てくるバケツの氷は、子どもの頃外に出してあったバケツで経験済みなことなので懐かしく感じました。ただ、息子にはそうしたことは経験させていないので、この冬ベランダに水を張ったバケツを出して経験させてみたいと思いました。

    「黒い氷」というのは聞き慣れない言葉で「雪がふる前の急な寒さで氷ついた水のこと」だそうです。

    そして雪が降ったらリンクを作るというところでわくわくとした気持ちになりました。

    スケートをした後の荒れた表面をお父さんが茶目っ毛たっぷりに氷を整える一連の作業をする場面には思わず笑ってしまいまして。

    読みながら氷を通して冬の自然を味わいつくしている気持ちにもなりました。

    カバーの説明を読んでいたら、バーバラ・マクリントックの翻訳はこれで9冊目なのだとか。

    バーバラ・マクリントックは大好きな絵本作家で、新刊が出るたびに楽しみにしています。

    福本友美子さん、マクリントックを日本に紹介して下さりありがとうございます。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 氷ができてから、溶けるまで

    今年の冬はいっそう寒く、「水たまりが凍ってる!」という朝も、しばしばでした。
    この物語の舞台は、もっと寒い地方のようですね。
    始めは薄くてすぐに溶ける氷も、スケートが出来るまでになります。
    そして、また溶ける・・・
    現代とは違って、スケートが冬限定の楽しみだということが、よくわかりますね。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな氷

     冬のはじまり、初氷がバケツのなかにできます。もっと寒くなると、池も凍りつきます。
     じっくり観察すると、こんなにいろいろな氷を見つけられるんですね。お父さんが、庭にスケートリンクをつくってくれるなんて、うらやましい、、、。おとうさんは大変だけど、こどもたちは大喜びです。

     黒一色で描かれた絵は、冷たい空気を感じさせますが、こどもたちの楽しそうな表情はあたたかいなと思いました。
     寒くても、自然を楽しむことを真似したいです。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット