庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

てつぞうはね」 みんなの声

てつぞうはね 作:ミロコ マチコ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年09月
ISBN:9784893095756
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,673
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さい子にも「死」を優しく伝える本

    白いおおきなネコ、てつぞう。
    愛情あふれる飼い主さん目線で、てつぞうがどんなネコかを紹介してくれています。春夏秋冬で見せるてつぞうのユーモラスな行動も可愛らしいです。
    でも、ある時、どんどんやせ細り天国へ旅立ってしまいます。
    そして季節はめぐり、新たなネコの兄弟を迎えることになった飼い主さんは、その生活ぶりを天国のてつぞうに伝えるというような内容です。
    「死」「亡くなる」というような言葉は使わず、絵で表現しているあたり、小さい子に優しく伝える本なのかなという印象です。

    この本との出会いは、母が孫娘のためにプレゼントしてくれたこと。
    我が家では2匹のネコを飼っているので、いつか来るであろうその時を、受け入れられるようにという思いもあって、この絵本にしたそうです。

    娘はとても気に入り、何度も読むうちに完璧ではないものの、朗読できるほどになりました。
    そんな2歳の誕生日を迎える数日前、その日は来てしまいました。
    13歳のネコが天国に行ってしまったことを伝えても、まだ実感がないようで、箱の中の動かなくなった体をずっと撫で、「寝てるねー」と言うばかり。
    そこで、この絵本の「てつぞうとおんなじで、天国に行ったんだよ」と伝えることが出来ました。
    でも、いなくなってしまったことを寂しがるという様子はありません。
    まだそういう感情が育っていなかったんだと思います。

    そんな出来事からもうすぐ一年、その間、もう1匹のネコとの生活は続いています。娘もネコとの触れ合いは生活の一部となり、精神面でも大きな存在となっているはずです。こちらも老猫ゆえ、いつか来るであろう時を、家族で悲しむだけではなく感謝と共に「死」を受け入れられたらと思っています。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節は流れ

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    今、ミロコマチコさんがマイブームです。パワーあふれる少し抽象画っぽい画風が大好きです。

    このお話は猫のお話なのですが、シンプルな文章の中にたくさんの深い意味を含んでいます。子供だけでなく大人が読んでもじーーんと着てしまいます。
    飼っていた猫が亡くなっても季節は変わり、また新しい命が家に来て以前の猫と同じことをする。それは偶然なのでしょうかね。

    輪廻転生とは少し違いますが「季節が巡る」ということについて、思いを馳せてしまいました。その起点を春に持ってきたところが、ニクイ演出です。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • にゃんこの生態

    てつぞうはね しろくてふかふかで 
    すわるとおにぎりみたい。
    すっごくでっかいおにぎり。
    巨大なにゃんこ、てつぞうとの暮らしが描かれて
    いる絵本です。
    わかるわかる!
    体重も抱っこして、人間の体重計で測るんだよね。
    はみがきのスースーするにおいもだいすきだよね。
    私も猫と共に暮らしているので、おんなじおんなじ!
    って思いながら、楽しく読みました。
    ・・楽しく読んでいたら・・
    いきなり「8かいめのふゆ」で、小さくなってしまった
    てつぞうが登場して、びっくりして悲しくなりました。
    わかるから。
    急に小さくなってしまうんですよね(涙)。
    今は、ミロコさんのおうちにいるのはソトとボウ。
    外房で拾ってきたのかしら?
    新しいにゃんこ達との暮らしが始まっているのですね。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる〜。私も我が子を毎日おにぎりみたいとか、おもちみたいだと感じているから。私は正直動物がそれほど好きではないのですが、このてつぞうはね、何かね、動きや行動の一つ一つがいちいち可愛くて頭をかきむしりたくなるよ。猫って皆こんなに可愛いの?

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこ好き

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    娘が猫が好きなのでねこの絵本を選びました。
    飼い猫のてつぞうのおはなし。
    元気に自由に遊んだり、お昼寝したり。ねこの日常かつづられていました。娘も楽しそうでした。
    そして、てつぞうがなくなり、新しい2匹の子猫。そしてこちらもまた元気に自由に。

    私もねこを飼ったことがあるので解ります。そんな飼い猫の日常。心温まる絵本でした

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛があふれている

    なんとも愛くるしい表紙の猫さんの姿に、思わず手にとってみました。
    てつぞうはね
    わたしのねこ
    しろくてふかふかのねこ
    すわるとおにぎりみたい
    すっごくでっかいおにぎり

    うんうん、わかるわかる

    てつぞうはね
    だれもがおそれるあばれねこ

    そうなんだ

    とっても可愛いけど、猫って気まぐれで、いつも我が道を行くタイプ。

    猫好きにはたまりません。でもやがて訪れるその日のことも頭にはおいておかないといけません。
    共感して笑ってみたり、しんみりなったり、そして涙を拭って笑顔になる、作者の愛に溢れたお話です。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • てつぞうへの溢れ出る愛

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    作者のミロコマチコさんが、
    愛猫てつぞうがどんなネコなのか、
    「てつぞうはね」とユーモアたっぷりに、
    そして愛情あふれる文と絵で静かに語ってくれる絵本です。
    どのページからもてつぞうへの愛がとめどなく溢れていました。

    私も娘たちも、てつぞうの紹介文にケラケラ笑いました。
    「てつぞうはね だれもが恐れる 暴れねこ」
    のページには、かなり笑いました。
    絵の迫力が半端じゃないです(笑)。
    夏のてつぞうも、冬のてつぞうも、
    すべてのてつぞうが愛しくて笑いました。

    しかし訪れる、てつぞうとの別れ・・・。
    動かなくなったてつぞうに、胸が詰まりました。

    てつぞうとの別れは、悲しいけれどそれだけではありません!
    ちゃんと新たな幸せがくるんです。
    てつぞうのことは忘れません。
    作者の気持ちが全ページに溢れ出て、気持ちが伝わってきました。

    私の拙い文章では、とうていこの素晴らしさを伝えることはできません。
    皆さん、どうぞ手にとって読んでみてください。
    猫好きの方はもちろん、あまりそうではない方にも
    ミロコさんの愛情が伝わると思います。

    とても素晴らしく、素敵な一冊だと思います。
    犬派の私ですが、手元に置いておきたくなりました。
    娘たちも大好きな一冊になりました。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣かずに読む練習中

    私の、14年共に暮らした猫と別れた直後、という状況でなくても、
    どなたも、大切な存在への思いを丁寧に、ていねいに描き、語る
    ミロコマチコさんの横に、そっと座っているような感覚になると思います。
    中学生の前で読むつもりですが、なるべく素っ気なく臨もうと思っても、
    あるページにくると、詰まってしまいます。文体のようにふわりと、さりげなく読みたいのですが。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に過ごした思い出

    「白くてあったかくて、私にしかなつかなくて、ずるくて、かしこいの。」と、飼い猫「てつぞう」をシンプルに紹介してくれます。一緒に過ごした思い出がストレートに伝わってきます。
    淡々とした語り口調や、迫力のあるネコの絵から『トンちゃんってそういうネコ』という絵本を思い出しました。でも、こちらの絵本の方がほんわかしている印象です。
    てつぞうの真っ白なフワフワの毛をさわってみたくなりました。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / くだもの / どこいったん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット