だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

お〜い、雲よ」 みんなの声

お〜い、雲よ 著:長倉 洋海
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年09月
ISBN:9784265830152
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 長倉 洋海さんは戦場のカメラマンで一度お話しを聞いたことがありました
    「お〜い 雲よ」この絵本は 青い空と白い雲
    そして 人がいる
     
    祈りがあるんです

    2011年の東日本大震災の様子が見られます
    今も尚 避難所で暮らし 原発の被害に苦しんでいる人がたくさんいます
    そんな苦しい哀しいことがあっても 自然の空 白い雲は 私たちを見ていてくれます
    そして 時には荒れ狂って 雲が いかる 時があります

    人間が生きていて 子どもたちの笑顔があり 救われますね

    長倉さんは いろんな写真で メッセージを伝えています 
    人間は 生きていいます。  自然の力の中で・・・・
     この写真絵本を通して  いろんな思いが巡りました

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    4
  • 空と寄りそっていく

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    東日本大震災の被害にあった地域に行って撮った写真が
    鮮やかにたくさん載っています。
    わたしも宮城に実家があるため、
    なんとも心が押されるような気持ちでページをめくりました。

    昔、空と海が田舎町を見守ってくれているような気持ちでいました。
    でも海はひどいことになりました。

    この絵本をよんで「空がまだあった」という気持ちになりました。
    辛いこと悲しいことがあると下を向きたくなります。
    そんな時、「ほら、お空を見てごらん」と優しく思い出させてくれる絵本だなと感じました。空はどこまでも続いていて、
    なくなることなくいつも上に広がっています。

    空を見上げて深呼吸をすると
    重さが空に吸い込まれていき心が軽くなるような気持ちになります。

    子供たちに「ほら、」と空を見上げさせてくれる絵本ですね。

    掲載日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 雲に見守られて

    東日本大震災に見舞われた様々な土地の風景。
    多分、被災当時はこのように空を見上げることなどなく、拡がる光景を、台地を見つめるしかなかったのではないだろうか。
    空を見上げ、その広さを受け入れることができるようになったのは、見上げることを思い出したからだろう。
    そう思うと、自分たちは空に抱かれ、見守られている。
    雄大な空を行くゆったりとした雲。
    長倉さんが切り取った風景は、とても優しく人々を包んでいるように思いました。
    「お〜い、雲よ」
    雲に呼びかけるときのゆったり感。
    タイトルも素晴らしいと思います。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 震災被害のあった土地で

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    写真絵本です。作成したのはフォト・ジャーナリストの長倉洋海(ナガクラヒロミ)さんです。
    後書きを読めば、作者のこの作品への思いがよく伝わってきます。

    タイトルを読んで、ほとんどの人がどこか懐かしい気持ちになると、思うのですが、このタイトルは「山村暮鳥」の有名な詩からとったそうですよ。

    やはりジャーナリストという職業だからなのでしょうか?
    私は子ども向けに作られた写真絵本とは違った目線でシャッターを切られているような気がしました。

    広く美しい空と、それに溶け込むように存在するの建物や人間たち。
    子どもたちの勉強している姿や笑顔のアップもよかったのですが、
    個人的にはどこかの山間の、ある一家の家族写真が目を惹きました。

    ここだけ誰かのうちのアルバムを覗いているような気持ちになりましたが、それはそれで、この「震災」の起きた土地には今もたくさんの家族が住んでいるんだ。ということをこの1枚で、改めて意識しました。

    写真がメインで、文字はほんのちょっと写真を補う程度に書かれています。字も大きく読みやすいです。
    小学校の中学年くらいから、読み聞かせにもお薦めです。
    一番最後のページ

    ぽっかりと浮かんだ雲は
    これからも ゆったりと 流れていくのだろう

    を読み忘れないようにしてくださいね〜。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット