くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

そんなときどうする?」 みんなの声

そんなときどうする? 文:セシル・ジョスリン
絵:モーリス・センダック
訳:こみや ゆう
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2016年04月20日
ISBN:9784001112573
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,418
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 対応力

    このお話は、男の子が色々なシチュエーション追い込まれたとき、どう対応するかを描いた絵本でした。面白い対応方がたくさん載っていて、想像力があって読んでいてとっても楽しかったです。うちの子は、家に入ってきて暑がっているしろくまの毛皮をコートみたいに脱がしてあげるという対応が一番受けていました(笑)

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「毎日の暮らしの中できっと役に立つ礼儀作法」という前口上を見て標題紙を見ると、なんとなく意味ありげな絵。
    なぜなら、どう考えてもあり得ない日常生活。
    とんでもないシチュエーションに、もっともらしい礼儀作法のオチ。
    ここまで読む目を小ばかにしたような、まさにコント集です。
    でも…。
    これがケッコウ子どもたちには受けそうなのです。
    「ありえな〜い」などと言いながら、図書館では静かにしたり、どんな時でも食前には手を洗ったり…、エチケット・マナーを身に着けちゃったりできるかもしれません。
    センダックの絵もジャストフィットです。

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • そんなとき どうする?
    こんなタイトルが興味をひきました
    おもしろい   礼儀作法です   そんなときどうする?
    その 対応の仕方が ナンセンスで おもしろいんです
    礼儀作法とは 常識的な 答とおもいきや   常識外れで・・・・
    笑えるのです

    センダックの絵はユーモアたっぷりですね   絵本はやっぱり おもしろい!

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の大きさもいい

    独特のユーモアがあります。
    モーリス・センダックさんの絵はいいですね。
    少しブラックユーモアのお話も、軽く、お洒落に、伝わってきます。
    絵本の大きさも、小さめの版型や、二色刷りなのも、この絵本の雰囲気に合っていて素敵です。

    掲載日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな話やねん!と突っ込みながら読みました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    この、なぞなぞにも似た展開、それでいて、当たり前とも思える身の回りの基本的なルールを、礼儀正しいんだか悪いんだかわからない仲間達の中で、淡々と身に付けていく様は、見ていて滑稽というか愉快というか、単純に面白い。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言われると「そうだよな」って、思っちゃう。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    「たのしいれいぎさほうのほん」シリーズの1冊です。
    邦訳は谷川俊太郎さんですから、読みやすくて楽しい日本語になっています。
    このシリーズはシチュエーションが「まさか〜(笑)」って感じなのに、“紳士淑女の礼儀の本”のため、慇懃な言葉で対処しているところが面白いんです。
    あまりにも突飛な状況でありすぎて、

    「そんなとき どうする?」

    と、言われても、正直すぐわからなかったです。
    ひとひねりある感じがまた笑いました。
    でも、言われると「そうだよな」って思っちゃうんです。
    参加型にして小学校の中学年くらいにいかがでしょうか?

    掲載日:2017/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアにあふれた本」

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    男の子が奇想天外な状況に陥った時、どうすればいいかが描かれています。それがユーモアがあふれていておもしろい!危機的状況時の礼儀正しさっておもしろいんですね!センダックの絵もいい味出してます。子どもの表情が生意気そうでなんともかわいらしくて。
    。おもしろさがわかるには幼稚園児以上の方がいいかもしれません。娘は「これおもしろいねー」と気に入ってました。

    掲載日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらってしまう

    まえがきから、なにがおこるのかわくわくしつつ読んでみました。
    でてくるのは、絶対ありえない、とんでもないシチュエーション。
    そんなときどうする? という問いに、ページをめくれば……、思わず笑ってしまいました。脱力するようなユーモア、なんともツボにはまります。
    センダックの絵がまたぴったりで。
    子どもも喜びそうですが、大人にもプレゼントしたい絵本だなあと思いました。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうくるか!

    「そんなときなんていう?」を先に読みました。
    好みがあると思いますが、こちらのほうがすんなりと、シンプルに読むことができました。

    何よりも「そうくるか!」というオチに、お父さんがウケていました。
    息子にせがまれて仕方なく読むことの多いお父さんですが、めずらしく楽しんでいたので、星5つです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供に考えさせる

    この絵本のおもしろさは
    なかなか感想ではうまくいいあらわせられないような
    ぜひとも1度読んでみてと言いたくなる絵本です
    いたって普通のこと
    しずかにしましょう
    てをあらいましょう
    せきをするときはてでくちをおおいましょう
    それをそのまま子供に何度伝えたってダメなときありますが
    こうするのよ!と頭ごなしに大人が教えるんじゃなく
    この絵本は奇想天外な設定からその答えを
    子供自身に導かせる力を秘めていると感じました

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット