モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ゼロくんのかち」 みんなの声

ゼロくんのかち 文:ジャンニ・ロダーリ
絵:エレナ・デル・ヴェント
訳:関口 英子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2013年09月20日
ISBN:9784001154023
評価スコア 3.29
評価ランキング 36,765
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 珍しい絵本

    ママ友に薦められて読みました。
    算数のお勉強の基礎になるような絵本ですね。
    算数や数に関する絵本はたくさん出ていますが、ゼロを扱ったものはあまりないので、その点で重宝します。
    ゼロくんを右側にしたがるという文章がとても的をえていておもしろかったです。
    ただページの色合いが少々暗いため、子供たちの食いつきはいまいちでした。
    もう少し大きいお子さん向けかもしれません。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なゼロ

     それぞれの数字そのものには、勝ちも負けもないような気がします。「ゼロ」は、とても大切な数字ですよね。
     別の数字にくっついて喜ぶのは、ちょっとさびしいなと思いました。
     でも、小さな子どもには、ゼロの役割りみたいなことがわかるかもしれないです。

     おしゃれな絵が楽しかったです。デザインがすてきだなと思いました。数字たちが、いきいきしていました。

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字たちのものの考え方が嫌いです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    お国柄的な発想というのもあると思いますが、私は個人的にここに登場する数字たちのものの、よく言えば柔軟な態度、悪く言えば強いものに媚びるみたいな考え方は好みじゃなかったです。

    哲学的に「0」というものを意識して子どもたちに問いかけてくるようなお話仕立てになっていました。
    イタリアの子どもたちって、日本の子どもたちより精神年齢が高いのかな〜。「0くん」の話はとても単純な構成で描かれていますが、奥深いと思いました。

    この作者はイタリアでは有名な児童文学作家さんだそうなので、1冊だけで作者の個性を判断したくないので、今度は児童書の方を読んでみたいです。

    掲載日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな絵

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    とても、すてきな絵なんです。
    でも、内容に、疑問が残ります。
    わたしには、「発想の転換」という言葉で、さらりと流すことはできないです。
    ゼロ君は、自分の右側にいることを望まれ、決して、左側に来ることは喜ばれないのですから、、、。

    自分たちが大きな数になることがうれしくて、ゼロ君は、映画やごちそうにさそってもらえます。ただ、強いものにこび、ちやほやしているという感じがしてなりません。

    他の数字のだれもが、ゼロ君の、まーるい、おっとりしたやさしさを認めているようには感じないのです。

    息子の読んだ直後の感想は
    「どこが、ゼロ君の勝ちなん?」「なんにも勝ってないよね」です。

    ゼロくんの「勝ち」なのか、「価値」なのか、、、考えてしまいましたが、どちらにせよ、、、
    違うような気がしてきました。

    息子が「これは勝ちじゃない」と言ったことが、この本を読んで得た「価値」かなと思っています(笑)

    掲載日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字の面白さ

    数字の面白さがつまっています。数学の本というと説明ぽいけど、勉強ではなく、数字の魅力のような、素直に楽しめるお話になっています。けれど、10とか、20とか、それがわかっていないと楽しめないので4歳の息子にはまだ?というかんじでした。どうして強くなったの?といっていました。車に乗ってから、そのように見えた、という発想がおもしろい!

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめる一冊です

    小さな“ゼロくん”。
    なにしろゼロですから、一番弱く、誰が相手でも勝ち目はありません。

    みんなにも、「自分も弱く見えてしまうから・・・」と避けられています。

    ところがある日、ひょんな事から “1くん”とドライブをすることになります。
    それを見た“3ちゃん”が、深々とおじぎをしました・・・。


    数字の面白さを、お洒落なイラストとシンプルな文章で表しています。
    ベッドの脇に置いて、一日の終わりにゆっくりと眺めたい。
    大人も楽しめる一冊です。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / ぎゅっ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット