大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

まちには いろんな かおがいて」 みんなの声

まちには いろんな かおがいて 文・写真:佐々木 マキ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2013年09月05日
ISBN:9784834080179
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,154
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 表情豊か

    これも佐々木マキさんの作品だとは。町の中の、顔に見えるものたちの写真絵本です。
    マンホールや家や公園の遊具などに、思わずフフフと笑ってしまう、かわいい顔が現れます。どれも表情豊かで、見ていて飽きません。
    一緒に見た3年生の娘が、「私はよく車が顔に見えるんだよね。こわいかおとか笑った顔とかがあるんだよ」と話してくれました。
    自分でも身近な顔を探してみたくなります。そうそう。見つけたら写真撮っておかないと。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわく

    佐々木マキさんの絵本なので読んでみると、写真絵本でした。そして、そのおもしろい視点にびっくり! 町にはこんなに顔があふれているんですね。しかも、文章を読むと、ただ顔があるだけでなく、道すがら、いろんな顔に見守られている気持ちになります。
    この絵本を読んでからは、自然と顔をさがしてしまいます。大人ですが、新たな発見にわくわく。楽しいことに気づかせてもらえた絵本でした。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2年生に読み聞かせ

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    2年生の教室で、朝の読み聞かせの1冊目に読みました。
    読むと言っても視覚的に楽しむ内容で、ストーリー性はあまりないので、途中で教室に入ってくる子も参加でき、よかったと思います。
    表紙を見てすぐに1人の男の子が「顔に見えるってことでしょ!俺、前からそう思っていたんだよ!」と言いました。
    「カエルに見える!」「モアイ像に似てる!」などの感想も出て、盛り上がりました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある!

    とても面白い写真絵本になっていて,これを読んでからは見方を変えて探してみてしまうのではないでしょうか(笑)。
    「あるある!」と思いながら読みました。
    子供は特にこういう見立てが上手ですよね!
    お散歩が楽しくなること間違いなしです。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新

    表紙からして既にインパクトの強いこちらの絵本。普段の私なら選ばないタイプの絵本ですが、親の好みを子供に押し付けるのではなく、幅広い絵本を与えてみようと思い読んであげたところ、息子の食いつきが凄かったです。
    この本を読んで以来、息子はお散歩する度に「顔」を見つけようと張り切っています。
    佐々木マキさんは、きっと子供のように自由で柔軟な発想の持ち主なのですね。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • これから顔に見えそう

    6歳次女と読みました。タイトル通り、町のいろんなものが写真で載っていて、どれも顔に見えるんです。いろんな顔があって笑ってしまいます。これから、外で顔に見えるものを探してしまいそうです。この絵本を読んで、意外に顔に見えるものがいっぱいあるんだなと思いました。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 確かに、かお!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘が図書館から借りてきました。

    普段全然意識もしたことがないけれど、
    マンホールや、歩行者信号の押しボタンが、
    顔に見える!絵本。

    眼がふたつ、鼻がひとつ、クチがひとつ。
    モノによってはまゆげがあったり、
    眼が悲しそうだったり、
    自慢そうだったり、
    左右ちょっとズレたりしている顔も。

    それぞれに作者の佐々木マキさんのつぶやきのようなコメントが、
    とっても絵とマッチしていて、
    ほおおおおおー!と、思います。

    子供ってこういの、好きなんだよな。
    4歳の娘はページをめくるたびに、
    「みつけた!ここが、め。はな、くち。」と、
    指差し確認をしては喜んでおりました。

    私もちょっと普段の町の様子を意識してみるようにしよう。
    日常の中でなにか見つけて、娘と二人喜び合ってみたいと思いました。

    掲載日:2016/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ささやく魔法

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    以前から気になっていた写真絵本。
    表紙を見てハッとしませんか?
    顔がいる、とささやかれると、ほら、見えてくる、見えてくる!
    まるで魔法のようです。
    何気ないマンホール、建物、接続部分、などなど。
    作者が言葉を添えると、立派な会話が聞こえてきますね。
    『ふゆめがっしょうだん』の街バージョン、といったところでしょうか。
    身近な題材に顔を見つけることができるので、初心者でも楽しめますね。
    ほうら、もう、顔ワールドが可視化してきましたね。
    この視点、素敵です。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの方が見つける

    写真絵本です。
    街にある色んなものが「顔」に見えるというコンセプトの絵本です。
    確かによく見てみると顔に見えるから不思議。
    きっとこういう感性は子供の方が優れているのでしょう。
    娘は、「これはニコニコの顔だね」などと感情面も読みとって見ていました。
    この絵本を読んでから、街に出て色んな「顔」を探してみるのもおもしろいなと思いました。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだから伝わる

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    まちで見かけた顔の形にみえるものの写真です。
    これを読んでからは
    娘が「あ、あれ顔に見える!」と登園中にも。
    佐々木マキさんらしい絵がないのですが
    可愛いフォルムが多いですね。
    まちにはいろんな顔とストーリーが埋もれている、
    ちょっとした散歩や送迎も
    少し楽しくなるかも。
    園児くらいのお子さんにおすすめです。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット