雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

おかし」 みんなの声

おかし 文:なかがわ りえこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年09月05日
ISBN:9784834080162
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,673
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかしの参考書!

    なかがわ りえこさん&やまわき ゆりこさんというお名前と
    福音館書店の本ということで、
    「ぐりとぐら」をイメージしながら、
    図書館で見つけた 絵本です。

    たくさんのふしぎ傑作集というものなんですね。

    可愛い絵本というより、
    「おかし」というものは どういうものなのか。。
    わかりやすく とてもくわしく
    書かれているというより 語られている書物という印象を受けました。

    小さいお子さんでも
    絵を見ながら お話しながら
    一緒に読んでも楽しいと思いますし、
    50代の私も
    「お菓子」が大好きなので
    読んでみて楽しかったです。
    参考になることがいっぱいでした。

    出会えてよかったと思いました。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し違っていました

    作者が大好きだし、タイトルと表紙の絵も

    含めて気に入ったので読んでみました。

    軽い気持ちで読んだのですが、案外奥深く、

    文章も多めでした。

    読んでいる途中で「なんか、長くない?」と

    聞かれてしまいました。

    それは飽きたんではなく、子供の絵本にしては

    説明っぽいというか、少し興味が薄れていくような

    難しさもあったからだと思います。

    ただぐりとぐらなど、知っている人が描いた絵が

    何度もでてくるので、何とか最後まで

    見てくれましたが、心して読まないと厳しいです。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子は人を幸せにする!だけど・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    おかし大好きな3歳の娘と読みました。

    「おかし」という題名からは想像がつかないくらい、
    深い内容の絵本。

    おかしはみんなを幸せにする、
    おかしが待ってると思うと頑張れる、
    お父さんも仕事の疲れがとれて、
    いもうとたちも喧嘩しない。

    おかしって、すごいな。

    確かに甘いものは人を幸せにしますね!
    でもおかし好きの娘に、
    こんなにおかしの素晴らしさを語る絵本を読んでしまったのは
    もしかしたらちょっと失敗だったかもしれないと思ってしまいました。

    ご飯食べなくなってしまったら、どうしよう・・・。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのお菓子に囲まれてわくわく

    たくさんのおかしが出てきてわくわくします。
    娘と一緒にこれおいしそう、私はこっちが好き。と、おしゃべりしながら読みました。
    結構文章も多いので、小学校2年生の娘にも読み応えがあったようです。特にレシピのページが気に入ったようでした。
    そして、主人公の男の子の名前がパパと一緒だったことが、パパっ子の娘にはとにかく嬉しかったようでした。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子考

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    たくさんのふしぎ傑作集です。
    小学校中学年向けに描かれたお菓子考です。
    主人公は小3のなおき。
    なおきの、赤ちゃんから今までの成長をたどりながら、お菓子の位置づけを見ます。
    もちろん、小3の今だって、お菓子の効用はいろいろあることもわかります。
    お菓子には仲直りの魔法がある、というところなどは、なるほど!ですよ。
    お菓子のウンチクもたくさん盛り込まれてあり、分量は意外に多いです。
    じっくりと読んでほしいですね。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかしのパワー

     いつもあたりまえのように食べている、おかし。あらためて考えてみると不思議なパワーをもっているなと思いました
     子どもから大人まで、みんなが大好きで幸せな気持ちになります。
     「おいわい」「プレゼント」「おれい」、、、そして「おわびのしるし」にもなりますね。
     大人女子的には「モチベーション」とか「自分へのごほうび」とか。

     おかしのパワーを新発見できる、楽しいお話です。たくさんのお菓子がおいしそうでした。

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子の持つ意味や役割

    図書館から借りてきて、9歳と4歳の娘たちと読みました。

    お菓子の大好きな男の子、なおきくんの日常に絡めて
    お菓子のもつ役割や意味を教えてくれる本です。
    やまわきゆりこさんの絵がとても可愛らしかったです。

    9歳の長女が、「おやつにはルールがある」とか「デザートは別腹」
    の箇所に「うんうん、そうだよね!(^^)」ととても共感していました。
    私は「おとうさんはデザートを食べると疲れが取れる」「おかあさんはホッとする」という箇所に共感しました。

    読んでいるうちに、お菓子にはこんなに人を幸せにして元気づけるものなんだと改めて思いました。
    お菓子の持つ意味や役割なんて深く考えたこともなかったので感心しました。

    最後のページの「おかしの役目」。
    まったくその通りだなぁ!!と思いました。

    文章が比較的長めでしたが、4歳の次女も静かに最後まで聞いていました。
    内容を考えると小学生以上、そして大人にオススメです。
    「おかし」について、科学的に捉えたおもしろい一冊でした(^^)!

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかしってスゴい!

    お菓子について今までそれほど深く考えたことはなかったけれど、この絵本を読むと「おかしってスゴい!」と改めて実感できます。
    子どもにとっては大事なエネルギー源だし、大人にとっても、癒しになくてはならないものだったりする。ただおかしが好き。おかしはおいしい。だけでなく、人を人を繋ぐ素敵なもの。確かに手づくりのおかしって、やさしくてあたたかくて、作ってくれた人の気持ちをいただくという感じがすごくします。
    絵本にしては、文章が多めでしたが、おかし大好きな4歳の息子と6歳の娘は、最後までじっと聞いていました。
    これからは、おやつの時間もきちんと意識して、もっと大事にしたいなと思います。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子の意義について

    「たくさんのふしぎ傑作集」とのこと
    大好きな中川さんと山脇さん姉妹作品ですから
    これは、読まないと!!
    図書館にリクエストしました

    おかしの「意義」についてのようです
    すごいですね
    こどもが喜ぶからー
    食べるのだからー
    ほしがるからー
    と、だらだらおかしを与えている大人を見かけると
    怖いなぁ・・・と思います
    制御出来ない子どもに与えるのは
    大人の責任です

    「おやつはこどもの大事な栄養」と
    この絵本にも書いてあります
    でも、ルールはありますよ
    って、伝えてくれてます

    だめな大人が周りにいても
    この絵本を読んで
    気付いてください!良い子の皆さん(^^ゞ

    でも、その伝え方が
    おもしろいのです

    「おかしは たのしい」
    「おかしは やさしい」とねこちゃんが
    ナイスコメントしてますし
    「おかしには なかなおりのまほうがある!」と
    おおかみさんもコメントしてます
    ごはんの場面では
    「のこしちゃ だめ!」って(^^ゞ

    上手だなぁ〜

    山脇さんの
    かわいらしい、楽しそうな、美味しそうな絵だけでも
    とても楽しめます

    「おかしの役目」ってご存知ですか?

    是非、この絵本を読んで確認くださいませ

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット