あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

日ざかり村に戦争がくる」 みんなの声

日ざかり村に戦争がくる 作:フアン・ファリアス
訳:宇野 和美
画:堀越千秋
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年09月15日
ISBN:9784834027648
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素朴な村に戦争が来た。
    戦いがあるわけではなく、政府側と反政府側の人間ができた。
    普段一緒に生活してきた町の住民の疑心暗鬼。
    どちらが良いものでも悪いものでもない戦争。
    主人公の父親は、仲間と戦争に加担したくないからと、山に隠れていたのだけれど、山狩りで見つけ出されて銃殺刑。
    淡々と描かれる話に、戦いはないのだが、なんとも重苦しい戦争がそこにあった。
    戦いが町に来ないままに戦争が終わった。
    どちらか一方が勝ったから終わった戦争を、平和になったからって喜べるものか。
    これだけのことを短編の児童書が語っている。
    残酷ではあるが、子どもたちに本当に考えてほしい哀しみと苦しみがここにある。
    歴史上の事実に基づく話だが、ファリアスは言葉少なの作品の中から、読者に思い問いかけを滲ませている。

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット