なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

クリスマスをみにいったヤシの木」 みんなの声

クリスマスをみにいったヤシの木 作:マチュー・シルヴァンデール
絵:オードレイ・プシエ
訳:ふしみ みさを
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年10月11日
ISBN:9784198636982
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こういうクリスマスもいいですね!

    え〜っ、ヤシの木?
    ポケモンの「なぞのくさ」を思い出しちゃった(^^ゞ
    なんか変わったクリスマスの絵本なのかな?

    コウノトリのおじさんのはなしを
    一生懸命聞いている姿や
    砂漠の砂から 根っこ?足?を抜く姿や
    コウノトリさんをハグする姿が
    かわいらしい

    りっぱなヤシの木たちは
    いやだなぁ〜
    かわいそう・・・

    でも・・・
    大丈夫!!

    やさしいおまわりさんでよかった!
    やさしいモミの木のミミでよかった!

    海の場面も、ミミとの場面も
    漫画のこまわりのなっていて
    動いているみたい

    表情がかわいらしくって
    見守るおまわりさんFamilyもとっても
    いい感じ

    クリスマスのパーティとか
    派手なイベントではなくって
    この温かな雰囲気が素敵です

    で、コウノトリさんにお手紙書いてくれたかな?
    それが気になります

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヤシの木が憧れるクリスマス

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    フランスの作家が描く、一風変わったクリスマスストーリー。
    砂漠に住むヤシの木は、古老のコウノトリからクリスマスの様子を聞き、
    憧れるのです。
    そしてついに、クリスマスを見に出かけるのです。
    砂漠を歩き続け、海を渡り、苦労してたどり着くも、雪で凍え・・・。
    でも大丈夫。
    親切なお巡りさんが自宅に連れ帰ってくれ、念願のクリスマスを体験できるのです。
    ささやかな家族のクリスマスですが、
    「クリスマスは、この部屋にあるもの全部のことよ」という、
    親切なこの家のモミの木の言葉が印象的でした。
    南国のヤシの木という、少し変わった視点から見るクリスマスが、ユニークですね。
    ヤシの木が理解できる幼稚園児以上くらいからでしょうか。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット