もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

やまのこどもたち」 みんなの声

やまのこどもたち 作:石井 桃子
絵:深沢 紅子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1956年
ISBN:9784001151169
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,811
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 囲炉裏端はなくなっても

     原田泰治さんの描く日本のふるさとの情景が浮かんでくるような作品。石井桃子さんの文章も耳に心地よく、とても穏やかな気持ちになれます。お話自体は短く、決して派手さはないけれど、「やかまし村の春・夏・秋・冬」の日本版とでも言えるような絵本です。

     大人も子どもも季節を五感で感じながら生きていた時代。春には春の、秋には秋の楽しみがあり、そのすべてが四季の自然や行事と結びついていたんですね。そんな中で、のびのびと、感受性豊かに育っていく子どもたち。大切なことはみんな周りの人たちや自然が教えてくれていたんだな、と思います。

     海外で生まれ育った娘には、「じゅうばこ」や「むしろ」など、初めて聞く言葉もあり、私たち大人が読むのと違って、懐かしさよりも真新しさを感じたかもしれませんが、昔も今も変わらぬ子どもたちの元気な姿には、くすくす笑いながら共鳴していたようです。

     囲炉裏端はなくなっても、リビングに家族が集う時間、大切にしたいですね。

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 古き良き時代の子どもの姿

    古き良き時代の子どもの姿が生き生きと描かれていると思いました。

    たけちゃんがなしを独り占めしようとして、木に登ってしまうところは、おもしろかったです。

    時代が変わっても、子どもの気持ちや行動はあまり変わらないのでしょうね。

    息子も笑っていました。

    おばあちゃんが、とても粋で、ままごとにおにぎりを差し入れてくれるのもいいなあと思いました。

    特別なことはありませんが、毎日の生活を家族仲良く季節の行事を大切に過ごしているのが、現代から見るととてもぜいたくでうらやましく感じます。

    掲載日:2009/05/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろかったです

    たけちゃんが木にのぼっておりられなくなるのが、おもしろかったです。

    「おれのげた、かってくれ」ってさけんだので、おもしろかったです。

    ごはんのときは、いかなくて、げたのときに、さけんだからおもいあっておもました。

    うんどうかいで、おみせがあるからびっくりしました。

    今はないからです。

    たけちゃんが、まいごになって、ドキドキしました。

    かえれなくなっちゃうのかなあっておもいました。

    ろばたが、あたたかそうでいいなあとおもいました。

    ぼくも、ろばたでねてみたいです。

    掲載日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 日本にもこんな時代が

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    私にとってさえ馴染みのない光景ばかりですから、私の子供たちにとっては外国のように見えるのではないでしょうか。家に障子があって、縁側があって……。テレビやコンピュータが現れるずーっと前なんでしょうね。春になって梅の花が咲いたと言ってはみんなで喜び、子供は梅の花をままごとに使います。棒で花を叩いて遊ぶあたり、今の子も昔の子もあまり変わらないようですね。でも、それをたしなめるおばあさんのキャラクターがいいです。春夏秋冬の4話が入っていますが、どれも家族愛と子供時代の明るさで輝いているようです。

    掲載日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昔懐かしい、楽しい絵本

    この本は、初版がなんと、1956年! それだけ古ーいお話です。
    どれだけ古いお話かというと、登場人物が下駄をはいていたり、
    さむい時には、わたいれぼうしをかぶったりしていた頃のお話です。
    でも、子供は今も昔も変わらない。
    やんちゃぼうずのたけちゃんは、なしの木にのぼって降りられなくなったり、
    運動会で迷子になったり。
    この絵本には、やさしいおばあさんや、おともだちのよっちゃんやてるちゃん達と過ごす、たけちゃんの四季が、実に豊かに描かれています。

    掲載日:2006/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 山の四季の様子

    このお話は山での子供たちの様子が描かれていました。春には春の、夏には夏の遊びや過ごす様子があってとっても楽しそうでした。昔ながらの様子を子供に読み聞かせできていい機会でした。うちの子は昔ながらの遊びにこの絵本を通して興味がわいてきたみたいです。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかってもらえるか・・・

    自然の少ない所で育った娘にこの絵本の情景が
    自分のように浮かんでくるかどうか、とても疑問ですが
    わからずともこんなこどもたちの生活もある、と思い
    読み聞かせました。
    特に知らない広い場所ではつないだ手を離さない性格
    なので、きっとこの絵本の世界は違っているなあと
    感じてくれたかもしれません。

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族や土地の物語

    岩波の子どもの本、ってやっぱりいいなあって思いました。
    この絵本は小さい頃に読んだかどうか・・ちょっと記憶にはないのですが
    小さい頃読んでいたとしても、すでに「今」ではない「もうちょっと昔」の
    物語。私の父が小さかった頃の「やまのこどもたち」の物語なのだろうな。
    そんな昔の物語ではあるのですが、家族や、まわりの人々との結びつきが
    しっかりあって、限られた中でのお楽しみがあって、とってもあったかい
    暮らしだなあ、いいなあ、とわくわくしてしまうのです。
    そう、なんでも手に入るのではない方が、わくわくするのですよね。
    おぼんにはく、あたらしいげたを買ってもらうところとか、おとしこしの
    じゅんびをしているところとか。運動会にみんなで行くのも素敵です。
    おばあちゃんが子どもの面倒をみているというのもいいのだよなあ。
    私の父が昔、小学生だった頃、おばあちゃんが亡くなった時に「もう学校に
    行きたくない」と泣いた・・なんて話まで思い出してしまいました。それだけ
    昔は、年寄りと子どもの結びつきは強かったのでしょうね。今もそうありたい
    けれどな。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい暮らし

    雪国で暮らす山の子供たちの様子が画かれています。四季がある日本に生まれて幸せだと思いました。梅の花で春がきた喜ぶを感じるのは、今も変わりませんが、おままごとにおばあさんが、お客様になっておにぎりを持っての参加に嬉しくなりました。なんか、いつもお腹を空かしていたなあなんていう思いがあって、とても温かく思いました。秋の運動会にも露天商が並んでいて、「あっ! 一緒だ!」って、懐かしかったです。運動会の時は、いつも食べれないご馳走を食べたのでやっぱり嬉しかったです。なかなかご馳走を食べれる時代でなかったので、行事があるのをとても愉しみにしていました。懐かしい暮らしは、いつまでも心に残っていていいものだと思いました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • しみじみ味わい深い

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    和風「やかまし村」みたいだなぁって思っていたら、こちらで
    ガーリャさんも全く同じコメントをされていて、うなづいてしまいました。
    春夏秋冬の日本の里の風景のなかに響く素朴な子どもたちの声。
    日々のうつろいの中にいろんな出来事やハプニングがあり、
    そこで健やかに育つ子どもの姿。
    うーん、しみじみといい絵本ですね。

    この絵本はお友達から「いいよ」と貸していただいたのですが、
    我が子も楽しく読んでいました。
    小さな子が木から降りれなくなる場面では緊張顔で聞き入り、
    おばあさんが「ばか」を連呼するところではゲラゲラ。
    (なかなか無いですよね、オトナが「バカ」という絵本は)

    よーーぉく出汁のでた豚汁みたいな
    味わい深い一冊です。

    掲載日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット