もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

魔法の言葉」 みんなの声

魔法の言葉 著:コルネーリア・フンケ
出版社:WAVE出版
本体価格:\3,000+税
発行日:2013年02月
ISBN:9784872904437
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,445
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虚構と現実の交差するところを描いた…?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    ドイツを代表する児童文学会の作家フンケの【魔法の…】シリーズの完結編だそうです。

    とても分厚い最終巻でした。
    元々他の巻もページ数の多い作品でしたが、最終巻はこれに輪をかけてまたすごく重かったです。
    すごくドイツ的というかフンケ的なラストだなと、思ったのが、新しい命がとても不思議な形で生まれてきたことです。
    もしかしたら、フンケは、この新しい命を主人公に、別の角度から見たこの物語の続編を考え始めているんじゃないかななぁと、思いました。

    『トムは真夜中の庭で』、『時の旅人』など、主人公の子どもたちが自分や自分の住んでいる場所にかかわりのある時間や空間を超えて異世界へ行く物語や、
    ミヒャエル江・エンデの『はてしない物語』などのように自分が知っている(持っている)本の世界に行く話も、割とヨーロッパの児童文学作品としては王道ですが、
    この【魔法の…】シリーズには、
    筒井康孝さんの【残像に口紅を】で描いている世界と似たものを感じました。
    虚構と現実、本に書かれている世界の中の虚構。またその現実。
    上手く言えませんが、フンケはこの作品で、ただ時間や空間を飛ぶ物語ではなく、「現実と虚構の境目、もしくはそのふたつの交差するところの」ものを表現したかったのではないかと、私的には想像しています。

    この物語には実に多くのキャラクターが存在するので、1人1人を覚えるのがとても大変でした。
    名前が似ている印象のキャラクターもいて、途中で混乱してしまったり…。
    ともかくとても、王道のファンタジーなので、ファンタジー好きなお子さんたちにはぜひ、一読してもらいたいです。
    小学校高学年くらいから、中・高校生くらいの子どもたちにお薦めします。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット