大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ゲーとピー」 みんなの声

ゲーとピー 作:毛利子来
絵:なかの ひろたか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1998年
ISBN:9784834015720
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,335
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 体のはなし

    娘が通っているこども病院に置いてあり読みました(置いてある絵本の
    ラインナップが本当に素敵なのです)。
    読んだはずなのに、図書館でみつけてきて、また読みたいと言う。
    借りてきて家でも読みました。
    子どもはこういう絵本が好きなのかな?
    ゲーもピーも普段とは違う状態だから、それに関して優しくわかりやすく
    教えてくれる絵本は楽しいのかもしれないなあと思います。
    たぬきせんせい、いいなあ。いつでも、「病気していいんだよ。
    そうやって強い体が作られていくんだよ」っていうメッセージが
    こめられているように思いますし。
    このシリーズ、ちょっと手元に置きたいなあという気持ちが
    高まってきております。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • よくわかります

    分かりやすい絵本でした。

    小さい子は下痢したり、嘔吐したりと

    よくあることですが、この絵本を読むと

    どうしてそうなるかよくわかります。

    難しくない内容なので、親子で読んでほしいです。

    ここに出てくる先生はたぬきせんせいと呼ばれています。

    それほどたぬきに似ていませんが、子供にとっては

    それもおもしろいみたいです。

    掲載日:2015/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知っておきたい絵本です!

    ゲーとピー
    子育てをしていたら
    日常的に1番大変で
    よくある病気じゃないかとおもいます。
    子供は苦しくて泣く。
    洗濯ものも半端じゃなく増えて
    親子ともども 気も動転したり、
    なってほしくない。。とずっと思っていました。
    子育て真っ最中だった頃の印象です。

    こちらの絵本は絵もリアルで
    内容もよくわかります。
    その通りだと 思います。

    暗いお話ではなく
    こうすればいいんだよ。。という温かいアドバイスをくれる
    たぬきせんせい。
    とても安心感があります。

    いろんな絵本に親しんで
    小さいうちから
    その1冊として
    親子で読んでいたら
    きっと役に立つと思えました。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい説明

    5歳次女が図書館で選んだ絵本です。嘔吐したり、下痢をしたりするのはどんな時か、なんでかを子供にわかりやすく説明してくれる絵本です。面白い物語とは違う分野の絵本ですが、じっくり聞いていました。手元に置いておいて、お得な絵本じゃないかなと思います。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • からだってよくできてる

    ゲーもピーも、たとえ我が子のものであっても、あまり気持ちのいいものではありません。
    こどもからすれば尚のこと、自分のときは苦しいし、自分じゃない時は気持ち悪いし・・・。

    この本は、ゲーやピーのしくみや必要性をわかりやすく教えてくれます。からだって、ほんとうまくできてます。
    乗り物酔い防止術や、ゲーやピーになってしまった時の対応法まで紹介されてて、私も「へぇ!」というカンジでした。

    最後に血便やタール便についても触れられています。
    成長してくると、親が便を毎回確認することもなくなるので、こどもにも、注意しなければいけない便があることを教えておかないといけないなって思いました。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが「たぬき先生」

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    この絵本を書かれている「たぬき先生」こと毛利子来さんの本は、上の娘が生まれて不安でいっぱいだった頃によく読みました。
    知りたいことを易しく、ユーモラスに教えてくれるので、とても頼りにしていました。
    この絵本でも、どうしてゲー(嘔吐)をしたり、ピー(下痢)が出たりするのかということや、そんなときはどうしたらいいか、ということを、子どもにも分かりやすく解説してくれています。
    4歳の娘も、興味津々で最後まで聞いていました。
    ちょうど今、下の娘が長引くピーに悩まされているところだったので、余計にタイムリーだったみたい。
    嘔吐や下痢を経験しない子どもはいないので、一度は読んでみるといいと思います。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 下痢や嘔吐の仕組みを教えるのに!

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     下痢と嘔吐。本当にいやですよね。うちは共働きなので、下痢と嘔吐の風邪がはやると本当にげんなりとした気分になります。実際子供たちが小さい頃にはよくかかったし、母である私もよくもらいました。
     そんな悪者、下痢と嘔吐の仕組みを「たぬき先生」である小児科医の先生が優しく教えてくれます。
     こういう下系の話って子供は大好きですよね。うんち本は数あれど、下痢と嘔吐は私はこれ以外では出会ったことはありません。
     親はいざ知らず、子供はこの本好きだと思いますよ。何度も読んでます。自分で読めるようになっても読んでいます。
     「げーしれいぶ」から指令が来たと子供に言われると、結構風邪の時もおおらかになれますよ。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • どう言う時になるのか

    嘔吐と下痢が、どういう時になるのかを詳しく書いてくれている絵本です。
    風邪の時、乗り物に乗った時、ウイルスの事なども書かれていて子どもも真剣に自分で読んでいました。
    アドバイスも書かれているので、風邪を引きやすい時期などに読み聞かせをするのも良いかも知れません。
    大人も勉強になる絵本でした!

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつも 真剣です(娘4歳)

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    ケラケラ笑って呼んでいるわけではぜんぜんないのに、なぜか4歳の娘のお気に入りで、何度も読んでほしいと持ってくる絵本です。

    ゲーとはいてしまった女の子と、ピーと下痢になってしまった男の子がたぬき先生の所へやってきてそれぞれの病気についての説明を受けるお話です。

    娘はいつも真剣な面持ちで聞いています。
    身に覚えのある・・というか病気の中では結構身近なものなので、
    自分がしんどかった時のことを思い出したりしているのかもしれないな・・・と思います。
       なぜこんなにしんどいのかな・・
       なんでこんなにおなかが痛くなっちゃったのかな・・
    といった娘の疑問に わかりやすい言葉と絵で答えてくれる存在なんじゃないかな・・・と、この絵本を読むたび思います。
    病気にならないために・・といったたぬき先生のアドバイスも真剣に
       うん うん
    うなずきながら見入っている娘の表情はとっても真剣で、母としてもそんな娘の表情が見れるこの絵本はとってもありがたいと思います。

    掲載日:2008/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身体のことを知ることは大切

    病院が関係する本が好きな娘が自分で選んで借りてきた本です。
    ゲーとピーだなんて・・なんでわざわざそんな本借りてきたの!なんて
    思ってしまったのですが読んでなるほど・・
    下痢や嘔吐のことについてとてもわかりやすく書かれてありました。
    身体のことを知る、興味を持つということは自然なことでとても大切なことです。
    そういうことに興味が出てきたということは娘も成長してきたのだなと
    思わされました。
    親子でこういう本を読んで健康の大切さを知ることも良いなと思います。

    掲載日:2008/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット