すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

姨捨山」 みんなの声

姨捨山 文:西本 鶏介
絵:狩野 富貴子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784591086810
評価スコア 4
評価ランキング 23,036
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人の心というものは

    この絵本に出会って、人の心には鬼も仏も住んでいるのだと感じ入りました。
    両親を失った自分を、身を粉にして育て上げてくれた叔母を、疎ましく思う心も子は持ってしまうのです。
    育ての親に対する恩と愛、そして巡り合った妻に対する愛。
    妻は他人だから、やはり鬼にも娘にもなれるのです。
    心のの隅に棲む鬼。
    表紙に描かれた、姨を捨てに出かける男の顔は鬼になっています。
    その怖さと、姑を疎ましく思う嫁の怖さ…。
    このまま終わったらなら、絵本にならなかったのですね。
    男の心に残っていた姨に対する気持ちが、物語の怖さから救い出してくれました。
    この絵本、絶対読み聞かせに使いたいと思いました。
    身の回りに転がっていそうな、人の心の裏表が描かれています。

    掲載日:2013/10/09

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット