だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぶたがとぶ」 みんなの声

ぶたがとぶ 作:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784871100885
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,472
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんなものが飛びまくり

    このお話は飛行機に乗って飛んでいるぶたさん達と一緒にいろいろな物までも空へ浮かび上がっていくお話でした。うちの子は普通ではありえないものまでもたくさん浮かんでいたので、大爆笑で見ていました!!私も読んでいてくすっと笑えました。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「超面白い」

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    ぶたたちが、野原に遊びにいくと、飛行機が捨ててあったので、
    もったいないので乗ることにしました。

    って、だいぶボロッとしている飛行機が飛んじゃうってビックリ!

    飛んでる飛行機に、牛がぬっと飛んできたことに大ウケ!
    突然のありえない展開だらけの話でしたが、
    面白かったです。

    「超面白かった」「また読みたい」と眠りにつくときに思い出し笑いをしていました。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飛び過ぎ〜!

    タイトルをみるとぶたがとぶとなっているし

    表紙の絵も飛行機に乗ったぶたの絵があるので

    そういうお話だと思っていましたが、

    飛ぶのがぶた達だけではありませんでした。

    さすが佐々木さんの絵本だけあって、展開が

    おもしろく、何度も笑いました。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえなーい

    大好きな佐々木マキさんの絵本。4歳息子と7歳の娘と一緒に読みました。
    ぶたたちが、のはらに捨ててあった飛行機に乗って空を飛びます。
    捨ててある飛行機が飛び立つ時点であり得ないのですが、その後の展開もまたビックリ。牛やタマネギや小学生や、あらとあらゆるものまで飛び出します。
    子どもたちは「ありえなーい」と言いながら、きゃっきゃっと喜んでいました。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな物が飛んでくる〜!

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    ブタのきょうだいが野原に遊びにいくと、
    飛行機がひとつ捨ててありました。
    もったいないので乗ってみると・・・飛びました!
    するといろんな物も飛んできて?!

    いつもとちょっとタッチが違う佐々木マキさんの絵がきれいでした。
    ストーリーもありえないはずだけど・・・思わず笑っちゃいます。

    うちの娘たちは、割とナンセンス絵本をすんなり受け止めるほうなので
    普通に「おもしろ〜い♪」とケラケラ笑っていました。
    次女は飛んできたキューピー人形になぜかとても笑っていました。
    最後にお母さんから逃げていくブタたちの後ろ姿がまた笑えます。

    ナンセンス好きの親子にオススメ♪
    良い感じで力の抜ける絵本ですよ(^^)☆

    掲載日:2014/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豚だけでなく、みんな飛ぶ〜

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    佐々木マキさんでぶたと言えば、ブタノなる木シリーズが有名ですが
    こちらは空飛ぶブタです。

    豚君たちだけでなく、他の登場人物たちも次々と空を飛んでます!
    なんだなんだ?とこちらを不思議ワールドに引き込まれます。
    でも、ナンセンスで終わらずストーリー性もあるので楽しく読みました。

    小学校1年生くらいまでの読み聞かせに使えそうかなーと思いました。
    こういうナンセンスに素直に笑ってくれるのは、小1-2が限界かなと思っています。


    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議ワールド

    乗物が大好きな2歳10か月の息子に図書館で借りました。
    佐々木さんの絵本は、これが初めて。

    ブタちゃんたちが飛行機に乗って空を飛ぶストーリー。
    不思議なことに、いろいろなものが空に浮いています。
    絵がかわいいです。
    ナンセンスに入るのかな? この手のものは、好きな人は好きでしょう。

    息子は最後にブタのママが夕飯に遅れたこどもたちを怒り、
    ブタたちが逃げて走って帰ったところに妙に共感していました。。
    多分、私が、最近、よく叱ってしまっているからでしょう。。

    掲載日:2014/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット