おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

みつけたものとさわったもの」 みんなの声

みつけたものとさわったもの 作:ウィル ニコラス
絵:ウィル ニコラス
訳:晴海 耕平
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784924938892
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,691
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思考力を育てる

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    赤い色が印象的なはっと目をひく表紙です。
    内容はシンプルですが、大人も子供も読んだあとに考えさせられる内容になっています。
    わが家は読んだ後、さて、あなたはどちらが先だと思う?と質問してみました。
    6歳の息子曰く、『さわったものでしょう!』。
    そこから『どうして?』、『こういう考えもあると思うけどそれでもそう思う?』と親子で話し合うことができました。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだろう、この余韻

    • ぶんぶんぷんさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子 14歳、男の子 11歳

    二ひきの犬が一ぽんの骨を掘り当て、争いになるところから物語が始まります。なんだか子どもの頃に読んだイソップ物語のような雰囲気・・と思いながらページをめくると、本当に昔話のようにいろいろな登場者(動物であったり人間であったり)が二ひきの犬と一ぽんの骨に関わってきて、繰り返しによる物語の展開は王道というか懐かしい印象を与えます。
    ただ、二ひきに関わってくる登場者たちが、いずれも自分のことしか考えていない利己的なキャラクターで、「一体どうなるんだろう」と飽きさせません。一番手強くずるがしこい大きな犬の登場でどきどきし、11歳の息子は「いよいよラスボスだ・・」と手に汗を握っていました。
     このラスボス・・大きな犬と二ひきは知恵比べの末ほねを守り、仲良くほねを味わいます。「まぁ、そうなるだろな」という息子の感想通りですが、何ともいえぬ後味があり、好きな絵本です。
     二ひきのそれぞれの立場を表しているタイトルをもう一度読み、日頃自分の立場だけでいろいろなことを主張しすぎていないかな?と反省してしまうような妙味というか奥深さというか、そんな雰囲気の本です。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な話題

    「僕が最初に見つけた」、「僕が最初に触った」と骨を取り合う2匹の犬の話です。お友達とのおもちゃの取り合いも多い年頃で、身近に感じるのか、息子なりに一生懸命どっちが取るべきか考えていたようです。

    最後のオチはまだすんなりとは理解できなかったようですが、それでも2匹で仲直りして分け合ったことはわかり、安心したようでした。最初に読んだ時は、立て続けに何度も読まされました。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • こだわりのある背景の赤や黄色

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    昔話のような3つの繰り返し、イソップ物語のような誰が聞いてもわかる単純なストーリーで、そこが面白かったです。

    また、絵の背景(バック)が赤であったり、茶色っぽい黄色であったり…、
    その上、絵本に使われている色は黒い線も入れて4色だけと、絵本の絵を強調させるためのこだわりがある!と、思いました。

    特に荷馬車を惹いてるシーンとか、ヤギが登場するシーンは、どちらもバックが赤で、いい意味で、目に焼きつきました。
    こういう絵本で、読めば読むほど、味が出てくる気がします。
    読み聞かせに使うなら、3,4歳くらいから小学校の高学年くらいまで
    お薦めできます。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間意識。

    簡単に言うと「取りっこ」のお話です。
    兄弟喧嘩みたいな感じです。
    大人からするとどうでもいいような小さな争いごと。
    そこに、さらに他人が横取りにやって来たとき・・・。ハッピーエンドが待っていました。
    うちは娘二人に読み聞かせたのですが、まずこの内容から何かを感じてくれたかは疑問。でも、繰り返し読んであげたり、質問してみたりして自分たちに置き換えて考えさせてみたいと思っています。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のけんかみたい

    2匹のイヌが、
    「ぼくがさきにみつけた。」
    「ぼくがさきにさわった。」
    と1本の骨をめぐって争います。
    そこで次々に出会った方に、その判断を委ねるのですが・・・

    子供がやりそうなケンカネタの内容。
    読んでいて、仲良くすればいいのに〜なんて思うのですが、
    やっぱそこは納得できない2匹。
    どうにか自分のもにしようとする姿が、息子がお友達とケンカしている姿にすごく似ているなあと思ってしまいました。

    そして最後は・・・
    そうそう、そんなふうに子供のケンカも仲直りするのですよね。
    子供そのものって感じで笑えました。

    息子は、床屋さんの登場とそれによる2匹の姿が気に入ったようでした。

    掲載日:2007/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分勝手はいけません

    他の方の感想にもありましたが、私も、この本をはじめ読んだときは、あまり好きじゃありませんでした。

    単色の絵がそう思わせたのでしょうか?

    久々に、本棚から出して読んでみると、以外に面白く感じました。
    でも、最初から、そうすればよかったのに・・・
    と、ちょっと冷静に読んでしまいます。

    自分勝手な、動物や人間に出会い、振り回されてようやく、自分のことだけ考えるのでなく、お互いに良い方法を見出すことを知ります。そして、やっと分かち合うことということが出来ました。

    自分勝手は、いけませんね。

    掲載日:2007/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんだん良くなってきました

    • まきしむさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    2匹の犬が骨を見つけます。「ぼくがさきにみつけた」「ぼくがさきにさわった」とどちらのものか言い合いになります。そこで出合った農夫・やぎ・床屋に聞いてみるのですが、教えてくれません。最後に大きな犬にあって聞いてみると、骨をその犬に横取りされそうになります。そこで二人で力をあわせ骨を奪い返し、二人仲良く骨をしゃぶりました、というお話です。

    絵の色合いが赤・黄土色・黒・白とちょっと地味なため、初めて読んだ時はピンときませんでした。子供にもちょっと難しいかなと思いました。
    ところが娘に聞いてみると、途中床屋見習いにに毛を切る練習台にさせられるのですが、とっても変に切られてしまうのです。そこが面白いと。

    先日久々に読んでみたところ、子供も少し大きくなり内容が理解出来てきたのか真剣に聞いていました。
    ちょっと大きくなってから(5歳くらいから)読みきかせるといいかと思います。

    掲載日:2006/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのおきゃくさま / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット