ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…

おにより つよい およめさん」 みんなの声

おにより つよい およめさん 作:井上 よう子
絵:吉田 尚令
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784265081288
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,765
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • あれ?全ページ試し読みが出来たんですね・・・
    図書館で見つけて
    借りてきました

    センダックの「かいじゅうたちのいるところ」みたいな
    おにさんが表紙に描かれているのですが
    困った表情に見えます
    それとも、淋しいのかな?

    いえいえ
    やっぱりおにさんは
    困ったさんで
    考え方も困ったさんです

    「よめをもらって めしたき させよう
    いうこときかなきゃ、ぶんなぐってやる」

    ところが・・・

    おかしいのは
    おにさんがほしがった
    「むらいちばんのおなご」
    というのが
    とら さん(^^ゞ
    自分からすすんで嫁に行く!って言うし
    たくましい
    確かに村1番のおなごでした

    雨の日の様子なんて
    も〜笑っちゃった!

    くまの場面も
    とても迫力があります

    あれ?
    人物やモノは描いた物を
    切って、貼ってあるんですね!?
    とても立体感があります

    なんだか
    おにさんが、可愛く思えてくるし
    とら さんの凄さにも
    感心してしまいます

    そして・・・
    最後のページにほっこりします
    幸せな気持ちになります
    それが、影絵で・・・
    素敵ですね!

    いまどきの夫婦の形かもしれませんね(^^ゞ

    えっ!?
    「悪い本」「パパのしごとはわるものです」の
    絵の方でしたか!!
    これは、すごい!!
    3作とも、イメージが違うように感じました

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱりカミさんが一番

    自分は一番だと威張っていたら、何をやってもカミさんに頭が上がらない。
    カミさんが自分より強いならば、せめて家事ぐらいはせねばなんめぇ。
    乱暴者のオニをなんだか愛してしまった、大喰らいで、馬鹿力の嫁さん。
    何回か笑ったのちに、しみじみとしてしまった私です。

    掲載日:2013/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供だけでなく大人も楽しめますよ。

    • ちあこさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子9歳

    お店で立ち読みをして、面白くて思わず購入しました。
    子供への読み聞かせは子供目線で楽しめそうですが、
    大人目線で見るのも楽しいと思いました。
    子供はきっと「え〜!」と驚きと楽しさで喜びそうですが、
    大人は、もしかしたら苦笑しそうな・・・思わず我が家は?と思ってしまうような内容です。
    体力に、心に、どちらの強さも感じられるような気がします。
    懐かしい昔話の雰囲気を持ち、現代のユーモアもあり、懐かしいけれど新しい一冊でした。

    もしかすると、子供より、大人の方が笑ってしまうかも?!
    ご年配の方も楽しめるのではないかと思います。

    掲載日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • いいねぇ〜♪

    女の人が鬼より強いけれど、とってもいい感じです。鬼より強くても、家事ができなくてもいるだけでいいなんて…もしかしたら我が家もちょっと思い当たるかも…なんて思いました。
    人は男でも女でも、何ができなくてもいるだけでいいという感じ。良いですよね。大事なことに気づかせてくれました。
    子ども達に届けたいです。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夫婦の形

    もうっっ大好きです!!この本!!

    おさんどんしてくれる嫁がほしかったオニ
    (ここでもう、私の中では「なに?!!」と腹が立ち始める)
    村に行き、そこで一番の嫁をもらってくる。
    (嫁自身が立候補。すごい!!)
    でも、一番は「力自慢」だったので、予定通りのおさんどんはできない事判明。
    話が違うと、突き返しに行く途中で、熊に遭遇。

    ここまでふせんを貼られれば
    展開は読めますよねー。

    オニが、熊から命を救ってくれた嫁に
    すっかり惚れてしまう^m^

    女は家事、男は外で仕事という既成概念を
    絵本の中で吹き飛ばしてしまうなんて。

    いろんな夫婦の形があっていいじゃない。
    おさんどんをいそいそとするオニは
    ぶつぶつ言いながらながらも幸せそうという一文に
    私の心も晴れました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな愛の形♪

    鬼はおよめさんをもらうことにします。
    誰も来たがらない中、手をあげた人が・・・。
    そのおよめさんときたら、なーんにもしないんです!!
    鬼をこきつかって(笑)。
    怒った鬼は、村におよめさんを返そうとしますが・・・。
    あることがおきて、鬼は、およめさんを元の家につれてかえります。
    鬼のなんともいえない表情、そして、感情がおもしろくて、
    何度も読みました。
    こんな愛の形もあるんだなと、なんだか笑っちゃいました!!

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いおにが!

    7歳5歳の娘たちに読みました。怖いおにが嫁をもらって、ご飯に洗濯、身の回りの世話をさせようと村に嫁さがしに行くんです。嫁をくれないと村を壊すと。そこで自分からすすんで出てきた女、とら。

    とらは家事が苦手、でも力だけはあって…。ものすごく面白いです!最初悪そうな顔だったおにがどんどん変わっていくんです。おすすめ!

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 様々な夫婦の形があります。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    最高に面白い絵本です。美人は3日で飽きるけど…とは言いますが、結婚相手に対して大事なのは容姿ではないんですよね。そりゃ毎日見るものだから自分好みであるにこした事はないですけれど…。これから結婚を考えている方にお勧めの絵本です。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼ととらの掛け合いが面白い&素敵!

    節分だったので、鬼の本を…と思っているときに見つけました。
    5歳と10歳の娘たちと読みました。

    ひとり山奥に住む鬼は、村に来ては悪さばかりしていました。
    そんな鬼が、「ひとりってのもつまらねぇ、嫁をもらって飯炊きをさせよう!」と思い付きます。
    そして「村一番のおなごをよこせ!よこさねぇと村をたたっこわすぞ!!」と村人を脅します。
    そこで自ら名乗りをあげた娘、とら。
    鬼は、「うでっぷしなら村一番」というとらを連れて家に帰ります。
    しかしとらは飯炊きも掃除も洗濯もやらず…。
    すっかり当てが外れ、たまらなくなった鬼は
    とらを村にたたっ返そうと山を下りていきますが…?!

    まず、ご飯作りも掃除も洗濯も全くせずに
    ご飯を食べては、ひっくり返っているとらの姿に
    次女がすご〜く笑っていました(笑)。
    鬼の表情もなんともおかしくて、私も笑ってしまいました。

    しかしそれからの展開は、ハラハラドキドキ、
    でも優しさも垣間見れる鬼の言葉に、ただの乱暴者じゃないことを確信。
    とらと鬼の掛け合いがとても素敵でした。

    なんだかんだ言って、人間味あふれる鬼のキャラと
    どーんと構えたとらのキャラがとてもキラキラと輝きます。

    最後の障子越しに見える鬼&とら一家の幸せそうな姿が
    とても素敵でした(^^)。
    持ちつ持たれつ、助け合い、補い合う理想の夫婦像が見られました。

    ほっこりする鬼の絵本だったので、
    節分(豆まき)の行事伝承のための絵本としは趣向が違いました(笑)が、
    大人も子供も大満足の一冊でした♪おススメです(^^)♪♪

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい 鬼のお話です

    今日(2月3日) は節分 豆まきしようと思っています

    鬼 それは 怖いものと思われていますが、このお話のおには、ちょっとちがいますね

    鬼は お嫁さんがほしくなって 村人をおどして・・・・「そんならおらが よめになる」    とら という名の娘が鬼の嫁になるというのです。

    鬼は、家につれてかえるのですが、なんとあてがはずれて 飯の支度も掃除も苦手な とらだったのです。
       得意なのは 力仕事!

    それに おお飯ぐらいとは 笑えます
    こんな とら  憎めない存在ですね・・・・
     
    ところが 鬼が 大きなクマにやられてしまいそうなとき、助けたのは とらでした
    さすが 力持ちのよめさんが役に立ったのです

    こうして鬼ととらは子供まで授かって 幸せに暮らしているのです

    なかなか おもしろくて いいはなしです

    女の強いのも いいものですな〜

    おたがいさん 助け合って 生きていく  これが幸せな夫婦の姿かもしれませんね
      
    このお話から教えられました 

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / いいから いいから

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット