もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

つくもがみ」 みんなの声

つくもがみ 作:京極 夏彦
絵:城芽ハヤト
編:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年09月30日
ISBN:9784265079728
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,371
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ものは大事にね

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    「ものを大事にしようね」というメッセージが息子にも伝わったようです.
    大事にしなかったら化けて出るのかと思いきや,長い間大切に使ってくれてうれしくて化けて出るなんて,私が思ってた展開と全く違っていました.

    息子はどちらかというと,妖怪に対して怖さより親しみを感じているようなので
    「ものを大事にしないとお化けが出るよ」
    より
    「ものを大事にすると,喜んでおばけが出てくるよ」
    というこの話の展開が好きなようです.

    楽しく読める妖怪絵本でした.

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 白い字でしたが大きくて読みやすかったです

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    京極夏彦さんの「妖怪絵本」のシリーズの1冊です。
    少し前に出された 「いるの いないの」 では、
    不思議な生き物たちの世界が描かれていて、背筋がぞっとしました。
    今回も、きっとそんな感じの作りなのかな〜と、思って読んだら、これがまたまた違った趣で、
    やはり、《付喪神》たちなので、
    一時的に脅かされはしますが、怖いというよりもっと身近であったかい不思議な「生あるもの」という感じで描かれていました。

    絵を担当された城芽ハヤトさんは、挿絵などは描かれて言のあるフリーのイラストレーターさんですが、絵本は今回が初めてのようです。
    とても味のある面白い絵でした。
    特に空中に飛んだおじいさんや子どもと、
    地面との距離感がものすごく伝わってきて、へぇ〜と思いました。

    活字は白字でしたが、普通の絵本に描かれているサイズよりずっと大きく、読みやすかったです。
    こういうお話なら、妖怪好きのお子さんだけでなく、万人の子どもたちが楽しめそうです。小学校の中学年くらいのお子さんたちからいかがでしょうか?

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • ものを大切にする

    なんとも不思議な雰囲気の絵本です。
    イラストが怖いな、と感じたのですが、それが癖になってしまいます。
    怪談話ではないけれど、後半はドキドキ、最後には、あっと驚く結末が待っていました。
    この絵本を読んで、物を大切にしようという気持ちがいっそう強まりました。

    掲載日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖怪絵本なので、おそるおそるお試し読みで読みました。
    でも全然こわくなくてよかった。
    おじいちゃんのおかあさんが使っていたものとか、お道具がわんさとありました。
    こういう田舎の家の納屋とかって、立派な昔のものが眠っていそうです。
    つくもがみさんたちが、陽気に踊りまわって、大事にされたら嬉しいというお道具の気持ちが感じられました。
    絵がユニークですね。
    お道具は感謝して大切にしたいです。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は面白いが

    絵は面白いけど、ストーリーはあまり面白くなかったです。大切に使ってきたものほで、化けてでるなんて怖いです。おじいちゃんは楽しんでたけど。なんだか無理矢理ストーリー作ったように感じてしまうのは私だけでしょうか。絵は面白いです。

    掲載日:2015/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ?それとも神?

    意外性があって面白いですが、ちょっぴりややこしいお話でした。

    「モノを粗末にすると、化けて出るよ」
    化けて出ては大変と、長く大切にしよう…と思い、大切に100年使い続けたら、化けて出たぁ〜!?

    何故って、これはおばけだけど、“つくも神”なのです。
    だから、モノとして正しく使われ、大切に長く機能を発揮すれば、魂が宿って“つくも神”になる…とのこと。

    だけど、モノがこんな風に化けちゃうと、ちょっぴり怖い。
    これでは、おばけが怖い子だと「モノを大切にしない方がいい!」と、なりそうな気も…。

    「大切に長く使えば、モノにも魂が宿るよ」
    楽しい“つくもがみ”ですが、もう少し長所が前に出ると良かったのにな〜と思いました。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかった。

    4歳の息子と読みました。
    ものを大事にしないと化けて出てくるよ、という話かと思いましたが、
    実際には違いました。
    そのストーリーより、こちらの方が楽しいし、好感が持てます。
    素敵なテクスチャーの絵も、怖い方にもころぶし、
    面白い方にもころぶし、その幅を感じました。
    息子も楽しかったようです。

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものを大事に

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    ものを大事にすることを
    妖怪を通じて感じさせてくれます。
    おじいさんが昔からのものを大事に使っている凛とした様子に
    かっこよさを感じたでしょうか?
    とても感じるところの多い絵本です。
    そして私たち親がしなければならないことも
    教えてくれる気がしました。
    豊かな時代にそしてなんでも安く手に入るからと言って
    次から次へ使い捨てのように道具を扱っていては
    あの大事な心は未来に引き継げないのです。
    良いものを大事に使うことを実践したいです。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本で覚えました。可愛いんだけれども何だか胸がざわざわする感じのこの絵は、このお話にピッタリ合っていると思います。私は子供に「悪い事をすると罰が当たる」と言うのですが「化けて出る」という表現もなかなかいいなと思いました。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖いけど・・・・

    このお話は、物を大事にすると物がうれしくなってつくもがみになるというお話でした。大事にしない場合ではなくて大事にするとそうなるって知ってうちの子は、「明日から大事にしない!!」って言っていました。この絵本の絵がちょっと子供には怖いかなって感じのタッチだったのですが、私はそんな息子を見ながら笑えました!!

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット