ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

がんばれ! ルルロロ ママがおねつ」 みんなの声

がんばれ! ルルロロ ママがおねつ 文:あいはら ひろゆき
出版社:株式会社KADOKAWA
本体価格:\900+税
発行日:2013年10月30日
ISBN:9784041105764
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,429
みんなの声 総数 7
「がんばれ! ルルロロ ママがおねつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ルルロロのかわいい表紙の絵を見て、「読んで〜」と持ってきたのは子どもでした。読み聞かせてみましたが、反応はいまいち。1度読んで満足したみたいです。でも、大人はルルロロの「ママ、もうおねつなおった?」の反応の繰り返しがかわいらしくてたまりません。やっぱりママが大好きなルルロロでした。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ!ルルロロ

    テレビアニメ「がんばれ!ルルロロ」が大好きな4歳の我が家の娘には反応のよい絵本で終始よく見入って聞いていました!
    お熱のママを看病するルルロロを応援したくなる絵本でした。
    ただ,1度読んでしまうとリピートはしないかもです。。。なので☆4です。
    絵本自体の大きさはお出かけにも持ち歩きしやすい大きさなので,外出先の待ち時間などにも便利そうですね。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもとっても可愛い絵本です!

    くまのがっこうシリーズを読んでいくうちに、
    こちらの絵本があることを知り、
    図書館で借りてきました。

    私自身は子育てを終え、孫もいます。
    そんな私はこちらの絵本を読んで、
    子育て真っ最中だったころを
    なつかしく思い出しました。
    ゆっくり寝るヒマもなかったけれど、
    小さい子供たちは泣くほど心配してくれて
    母親の存在というのは、とても幸せだったんだと思います。

    「ごめんね。もうすこし ねかせてくれる?」
    何度も出てくる このセリフ。。
    こどもたちをおこるわけにはいかないけれど。。
    この言葉 すごくわかりますね。

    とても可愛らしい絵とストーリーなので、
    小さいお子さんも読んでもらったら
    優しい気持ちになれるんじゃないかと思います。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばるルルロロちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ママのおねつを下げようとがんばるルルロロちゃんがかわいらしいです。
    ママも早く治してルルロロちゃんといっしょに遊んであげたい気持ちでしょうね。
    私も熱で寝たい時がありますが、幼い子がいるとなかなか寝てもいられません。寝るのが一番の薬です、おばあちゃん!ママをもっと眠らせてあげられるようなアドバイスを子供たちにお願いします…と自分とママを重ねたため、申し訳ないのですがそう思ってしまいました。
    でもこんな風に子供から心配されるのは嬉しいのは嬉しいですよね。手紙をもらったらたしかにすごく嬉しいだろうなーと思います。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私だったら・・・ダウンです

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、女の子8歳

    ルルロロかわいいんですが、私がインフルエンザで寝込んだ時を思い出して、とてもじゃないけど、もしルルロロちゃんにお世話になったとしたら・・・無理かもです(笑)
    でもお手紙を書いたりかわいい2人だなあとほほえましくなりました。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • エピソードが可愛い!

    3歳になりたての娘がお年玉で自分で選んで買いました。

    双子のくまの子ルルロロちゃんが、可愛くも奮闘する物語です。
    大好きなママがお熱を出してしまって、二人でなんとかママを助けようと頑張ります。
    その姿が、とても可愛くて、娘に重なります。
    きっと、娘自身も自分とルルロロちゃんを重ねて読んでいることでしょう。

    枕元で読み、そのまま娘のことをぎゅーッとしながら眠りにつきたくなる一冊です。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供たちとだぶりました

    ルルロロのキャラクターが好きな6歳の次女が、ひとりでうれしそうに読んでいます。
    ルルロロちゃんのママが熱を出しちゃったので、ルルロロちゃんがふたりで協力してママの看病を頑張ります。ふたりを見ていると、私が寝込んでしまった時の子供たちとだぶってしまいました。子供ながらに心配して、普段自分でしないことも、自分たちでやってくれたり。ご飯を作ってくれた時もあったっけ。そんなことを思い出しながら、幸せな気持ちになりました。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット