なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

ぐるぐるちゃんとふわふわちゃん」 みんなの声

ぐるぐるちゃんとふわふわちゃん 文・絵:長江 青
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2013年10月05日
ISBN:9784834080254
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,776
みんなの声 総数 2
「ぐるぐるちゃんとふわふわちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冬のいないいないばあ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    冬の朝、りすのぐるぐるちゃんは、白うさぎのふわふわちゃんと出会います。
    真っ白な雪景色の森で、雪遊びする2匹の様子が、
    すてきなコラージュの絵で描かれます。
    雪遊びの楽しさが伝わってきます。
    しっぽがぐるぐるだから、ぐるぐるちゃん。
    毛がふわふわだから、ふわふわちゃん。
    この感性が素敵です。
    お互いに素敵なところをほめあう視点もうれしいです。
    遊んでいる時の擬音も、丁寧に展開し、耳に心地よいです。
    後半は、いないいないばあも登場して、お楽しみもたっぷり。
    色彩もやさしく、筆の跡が残る絵は、冷気の雰囲気を感じさせてくれます。
    五感をたっぷり使って楽しんでほしいです。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪山で楽しそうに遊ぶふたり

    前作の『ぐるぐるちゃん』を、息子が2歳の頃、一緒に読みました。その続編が出たと知って、うれしい限りです。
    前作は秋の絵本でしたが、今回は冬のおはなし。雪が降って一面真っ白になった森。そこでぐるぐるちゃんは、うさぎのふわふわちゃんと出会います。
    ふたりはすぐに仲良くなり、雪山をかけっこしたり、雪でいないいないばあをしたりして遊びます。ふたりがとても楽しそうなので、こちらもついつい笑顔になります。
    4歳の息子も、「うさぎは、ばあってやっても白いね」などと言いながらうれしそうにしていました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット