なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ゆきのうえ ゆきのした」 みんなの声

ゆきのうえ ゆきのした 文:ケイト・メスナー
絵:クリストファー・サイラス・ニール
訳:小梨 直
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年10月05日
ISBN:9784834027495
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,032
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 寒い冬に

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    寒い冬に読みたい一冊です。
    しんしんと降り積もる静かな雪の世界が透明感を持って描かれています。
    自然の中で暮らす動物達の冬の過ごし方に思いを馳せるきっかけになりました。
    銀世界がとても美しく心奪われました。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の下にも

    雪が降ると、その銀世界に目を奪われてしまって、なかなか雪の下の世界まで思いを馳せることはありません。でもこの絵本を読むと、雪の下にも様々な動物たちが生活していることに気づかせてくれます。
    これからは雪が降った時も、その下にある世界まで想像できるようになりそうで、視野が広まった感じがしてうれしいです。
    一緒に読んでいた5歳の息子と7歳の娘も、じっと聞き入っていました。雪の降るこれからの季節にオススメです。

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 銀世界の不思議

    あたり一面の雪の世界には、雪の下に知らない世界があるのです。
    いろいろな動物たちの冬ごもり。
    その意外性に自分もびっくりしました。
    木版画でしょうか?
    不思議な世界です。
    冬の星空にいろいろと思いをはせるのも素晴らしいですね。

    掲載日:2014/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「雪のしたには秘密の世界がある」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    絵も見やすいですし、語りかけてくる言葉もとっても優しくて気持ちよかったです。
    ゆきのうえをスキーしている父と娘がいて、娘の質問にお父さんが答える感じで、ゆきの下の(中)のことを簡潔に説明してくれています。
    最後に「作者のことば」というページがあり、この本について、また登場した動物たちについて簡単に説明してくれています。

    「雪のしたには秘密の世界がある」
    ドキドキするフレーズです。

    全体に、科学絵本というほど固くはなく、普段見ることがなかなか難しいゆきの下の世界を楽しく垣間見ることができる素敵な作品でした。
    この絵本を読んで、ゆきの下の世界子のことや冬の動植物のことに興味を持ってくれるお子さんたちが増えるといいなと、思いました。

    掲載日:2014/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 積雪下空間

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    冬の科学絵本としてセレクト。
    『OVER AND UNDER THE SNOW』が原題。
    降り積もって固まった雪と地面の間には「積雪下空間」というものがあり、
    そこで冬越しする動物たちが少なくないそうです。
    そんな生き物たちの様子を描きだした作品です。
    「わたし」とおとうさんは、クロスカントリースキーで森の中へ。
    そこここに感じられる生き物の気配を感じながら、
    ナレーションのような解説と絵が、積雪下の生き物たちの姿を描きます。
    登場人物と一緒にクロスカントリースキーをしながら、
    自然観察ができるように感じさせてくれる構成です。
    理解できるのは小学生以上くらいからでしょうか。
    大人でも納得のクオリティで、読み応えがあります。
    巻末には、さらに詳しい解説も添えてあり、
    読者の探求心にこたえてくれます。
    「雪のしたには、ひみつの世界がある」って、素敵な響きでしょう。
    どうぞ、みなさんもご一緒に!

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の森

    冬は、生き物の気配がなくなるものだと思っていましたが・・・
    雪の上でも下でも、動物たちの元気な息づかいが感じられました。
    「ゆきのうえ・ゆきのした」という区別が、きっと子供にもわかりやすかっただろうと思います。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の科学

    雪で白一面の銀世界は
    生き物の動きも見えず
    静かですが
    人間の目には見えない土の中や
    雪と土の間に
    いろいろな世界が広がっているんだなぁ〜
    と、改めて気付かされます

    写真とは違い
    絵での説明が
    整理しやすいといいますか
    とてもわかりやすいのです

    「わたし」とおとうさんと
    スキーをしながら
    おとうさんがいろいろ説明してくれます

    安全であること
    寒さから身を守っていること

    自然や生きていくうえで
    大切なことですよね

    冬山の動物
    大きく言えば 科学・生命的なことが
    さらりと描かれている絵本です

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いきいき冬の森

     冬の森の中、しんと静まりかえっているように見えます。でも、よくみるといろいろな足跡があるんですね。
     雪の下の土のなかでは、いろいろな動物たちが、うごきまっています。

     冬の森に行ってみたいけれど、なかなか難しいです。たき火や星空がうらやましいなと思いました。
     つめたい雪の色と、あたたかい土の色のコントラストがうつくしい絵本です。冬の森を、楽しく知ることができました。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の間の動物たち

    最近、書店で見かけることが多く気になっていた絵本です。

    普段は見ることができない冬の間の動物の姿が断面図でよくわかります。

    雪の下にたくわえた食糧を食べる動物。雪の下にいる動物の物音に耳をつましてそれをねらう動物。

    巻末にはそれぞれの動物の解説もあります。

    日本ではなじみのない動物もあり、外国の読物を読んでいる時に想像しながら読んでいたのはこれだったのかと思うものもありました。

    絵が美しくて、冬の澄んだ空気を感じました。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の過ごし方

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    場面は一面の銀世界。雪の上で静かに冬を暮している動物もいれば、雪の下で春を待つ小動物たちもいます。
    地面の上と下の世界を、対比させながらお話は進んでいきます。
    自然界にすごす動物たちの姿を、上手に絵本にしているなーと思いました。

    この本を読んだ後は、実際のどうぶつ図鑑やネットでどんな動物なのか調べてみるのもいいですね。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット