しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

POO うんち」 みんなの声

POO うんち 作:二コラ・デイビス
絵:ニール・レイトン
訳:唐沢則幸
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784577028735
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「POO うんち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「うんち」の辞典か図鑑です。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    こと「うんち」に関する絵本は以外とたくさん出ていますが、この絵本ほど、詳細に研究し、分かりやすく説明してくれている絵本はそうないんじゃないでしょうか?
    まるでうんち辞典か、うんち図鑑です。
    だから、興味のない方には非常につまらないです。
    でも、興味のある人は虜になりそうなくらい素敵な絵本だと思います。
    私は…、まだまだ修行がたりませんでした。
    すみません、途中で眠くなってしまいました。

    掲載日:2006/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちは奥が深い

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子6歳

     息子の熱いリクエストに応えて読みました。うんちにまつわる興味深い知識、エピソードが満載の小学生向けノンフィクション科学絵本です。
     たとえば、シロナガスクジラのうんちは、巨大なイチゴのアイスクリームのよう。ウサギやコアラは十分な栄養を摂取するために自分のウンチを食べてもう一度消化する。オスのカバはしっぽを素早く振ってうんちを撒き散らし自分が大きくて強いのだというメッセージをあたり一面に力いっぱい振りまく――などなど。これらはみんなこの絵本を読み、知ったことでした。ウンチは自然界のリサイクルということで、地球の自然、生態系保護まで幅を広げて語られます。
     ゆかいなイラストと、親しみやすい語り口調、加えて知って楽しいお話が詰まった、三拍子揃った絵本。息子はこれを開くと、最初から最後まで笑顔が絶えません。『うんちしたのはだれよ』で、動物のウンチに興味を持ったら、ぜひ。少し長いので、何回かに分けて読むのもいいでしょう。

    掲載日:2006/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット