十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

紙のむすめ」 みんなの声

紙のむすめ 文:ナタリー・ベルハッセン
絵:ナオミ・シャピラ
訳:もたいなつう
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年08月
ISBN:9784895728591
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,956
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 切り紙の美しさにため息がでます。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    本当は9歳の息子と読みたかったのだけれど、
    切り紙の美しさに4歳娘がくいついてきました。

    本当のどのページの切り紙もとっても素敵。
    うっとりすると同時にため息がでます。
    どうしたらこんなに美しいものが、
    紙からできあがるんだろう〜。

    本当にすばらしいの一言です。

    美術作品!ですが、ストーリーもとっても素敵。
    最後は、こうあってほしいなぁと思ったとおりのハッピーエンド。

    4歳でも十分、お話も楽しめましたよ!

    掲載日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繊細な切り絵の世界にうっとり

    真っ白な紙の丘に白い紙からできた小さな家があり、紙の娘が一人住んでいました。
    ある朝娘が洗濯物を干していると、風が吹いて大きな紙が飛んできます。
    娘はそのまっさらな紙をハサミで切って、これまで夢見ていたあらゆることを試していくのですが…?

    挿絵がすべて『切り絵』で描かれた、珍しい絵本です。
    一口に切り絵といっても、この作品の絵はみな躍動感にあふれ立体感があって、その繊細さは言葉では言い表せないほど。
    もし原画が手元にあれば、額に入れて飾っておきたいくらい(笑)

    もちろんお話の内容も、不思議にあふれていて素晴らしいです。
    一枚の紙を切るという行為だけで、こんなに魅力的な絵が描けるということに、目からウロコな作品でした。
    大人の方にもぜひおすすめしたい一冊です。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴しい切り絵の世界が広がっています。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    一体どんな作品なんだろうと、ワクワクして読みました。
    表紙を見ただけでも、繊細な切り絵の素晴しい世界が伝わってきました。

    実際手にとって読んでみると、
    この作品には意外と最近の少年少女たちの好きなライトネベル的な世界観と近いものを感じました。
    リアルと非リアルが交わっている混沌とした、だけど【想像力】を掻き立てる不思議な世界。
    1つの芸術作品として、堪能させていただきました。

    作者紹介のところを読むとわかりますが、この作品は文・絵ともにイスラエルの作家さんです。
    今まで、イスラエルの作家さんの作品を読む機会があまり有りませんでしたが、これからはどんどんこういう作品が日本に入ってきてくれるといいなぁと、思います。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切り絵から生まれるストーリー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    9歳の頃から40年以上、切り絵技法を極めている、イスラエルのデザイナーによる作品。
    その精巧な切り絵は、ため息ものです。
    白い紙でできた丘の上の小さな家に住む、白い紙から生まれた娘のストーリー。
    娘は一人ぼっちで寂しかったのです。
    ある朝、大きな紙が飛んできたので、娘はその紙で、色々な物を切り抜き始めます。
    でも、寂しさは募るばかり。
    でも、ひょんなことから、念願のお隣さんが生まれるのです!
    ロマンチックなラストは、中高生や大人でもうっとりでしょう。
    中東の文様の影響も感じさせますが、実に洗練された構図が美しいです。
    ストーリーも、娘の切なさがシンシンと伝わってきます。
    切り絵の奥深さに拍手!です。
    小学校のおはなし会で読みました。
    子どもたちもしっとりと聴き入ってくれました。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーもさることながら、ナオミ・シャピラの神業とも思える切り絵に唸ってしまいました。
    その切り絵が絵本として、物語を紡いでいきます。
    お話も切り絵の中の娘が、自ら切り絵を通して、ボーイフレンドと出会うというラブストーリー。
    立体感をつくった切り絵の絵本化。
    紙そのままは白のまま。
    今までに見たことのない絵本の世界でした。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット