すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

キリンがくる日自信を持っておすすめしたい みんなの声

キリンがくる日 文:志茂田 景樹
絵:木島 誠悟
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月
ISBN:9784591135594
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,218
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物園の動物たちは アフリカや インドなど遠いところから日本の動物園にやって来ます   大変な思いで 苦労してやって来てくれているのが分かりました 
    飛行機で狭い中乗せられて体調崩して死んでしまうことがあるのを知りました
    けんたは キリンが大好きです   きたの動物園のキリンが年老いて死んでしまいました
    けんたは なんども 何度もキリン来てくれるのを待っています
    園長さんが 動物たちのことをいろいろ話して聞かせてくれました
    「いのちって、すごいなあと、いつも おもうんだよ・・・・・・・」
    動物園の動物たち ありがとう     しっかり いきているんだね!
     
    動物園のことが良く分かりました    
    この絵本読んで 感動しました(お話しも絵も 黄色がさわやかでした)

    けんたくん キリンに会えるといいなあ!

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったのですよね。

    親である大人の私が読みましたが。
    内容は動物園のお話なので,子供達はとても共感を持って読むことができる絵本だと思いました。
    普段は動物を見学というカタチで動物園へ行きますが,この絵本を読んだらもっと動物に寄り添った気持ちで動物達を見ることができるのではないかと思います。
    人間の喜びのためにお母さんやお父さんから離れて遠くからやって来た動物たち,きっと様々な想いを抱いているのかも知れませんね。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったか!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    動物園には今まで何度言ったことかわかりません。
    でも、
    この動物はおかあさんから離れて寒い日本に
    一人ぼっちで来たんだと考えたことはありませんでした。
    もちろんどんな風に運ばれてくるのかも想像したことはありませんでした。
    なのでこの絵本は少し衝撃を受けました。

    なぜ動物園が存在するのか
    動物たちにそんなさみしさやリスクを背負わせてまでの動物園って
    なんなのか?と考えさせられました。
    動物園が大好きです。
    いろんな動物がいることを教えてくれて異なるものを食べて
    異なる環境で生きていることを
    感じさせてくれる動物園が
    子供達の心に残すものはきっときっと大きいはずと納得させました。

    7歳の息子は読んだ後、
    さみしかったと言っていました。
    動物園に行った時のまなざしがきっと変わるのでしょう

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • キリンの好きな男の子

    このお話の主人公はキリンが大好きな男の子でした。自分おお気に入りの動物園にいたキリンが死んでしまって、次の新しいキリンが車で、何回も動物園に行って園長さんとお話もしてキリンの事を詳しく知って、前よりもキリンの事が好きになっていました。その様子がとっても素敵で面白かったです。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きることについて

    志茂田景樹さんの絵本を初めて読みました。
    以前から、読み聞かせ活動などをおこなっていることを
    知っていたので、とても興味があり、手に取った絵本なの
    ですが、とても深い内容を、子どもにもわかるように書いて
    いて、さすが、作家さんだなという感じを受けました。
    木島誠悟さんの絵が、さらに優しさと強さを表していて、
    おとなが読んでも、心に残る絵本です。
    命の大切さ、生きるということを、子どもながらに感じ
    とってくれたらいいなあと思いました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット