雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

やまのすもうだ! はっけよい!」 みんなの声

やまのすもうだ! はっけよい! 作・絵:しばはら・ち
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年12月10日
ISBN:9784790252672
評価スコア 3.91
評価ランキング 28,821
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 桜島と富士山の取組、土俵の大きさはいかほどかと想像しながら読みました。ストーリーが単純なので2歳の子どもも理解できたようですが、桜島の薩摩弁は読み聞かせ泣かせでした。テレビのお相撲さんは行司と比べてかなり大きく、まるで山のようです。この絵本から伝わる「やまのすもう」の迫力は、もしかしたら両国国技館で見る相撲の迫力と似ているのかもしれません。

    掲載日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふじさん対さくらじま

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    むかしむかしのおおむかし。にほんのやまたちはすもうをとっていた、という設定のお話。
    よこづな ふじさんと挑戦者さくらじまの対決のお話。
    大きさから見てもふじさんが勝つのだろうなーと(さくらじまには悪いですが)思いながら読んでいたら、ふじさんのうしろにまわりこんだり、さすが挑戦者!なさくらじまの姿を見ることができました。
    こどもの反応は普通でした。おすもうのルールがよく分かっていないのかも?

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初から決めてました

    やまが相撲をとる。

    日本地図の中を山が移動する絵もありました。

    これを読み始めた時点で、どの山がでてくるか

    まだ分からなかったのに、

    「富士山を応援したいっ!」と最初から決めていました。

    やっぱり、日本一の山は子供たちにとっても

    一番で、いいイメージがあるんだと思います。

    このお話にも富士山は出てきましたが、

    どっしりと構えていて、誇らしかったです。

    さすが、日本一ですね!

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相撲に興味を持つ子が出てくるかも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    富士山と桜島が擬人化されてお相撲を取る話です。
    《タイトルを読んだまんまですね(笑)》

    ハッキリと大きな絵と字なので遠目が利きます。
    この絵本を読んで、お相撲や山に興味を持つ子が出てくるかもしれませんね。
    筋も読み取りやすいし、悪くはないのですが、もう1つ「これ」という何かがあったらもっと印象が強くなる気がします。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山がすもう?

    小学校の読み聞かせで読みました。
    まず、作者の名前を読んだ時点でザワザワ。
    「ち、だって。」「ち、って何?」

    おはなしの設定も面白く、子どもたちも楽しめたようです。どちらが勝つのか最後までドキドキの展開です。
    最後に勝負がついたときには「あー、やっぱり」だとか、「山がすもうしたら、山登りの途中の人は大変だよなー」などと言う感想が聞けました。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山もお相撲も!

    あら、かわいらしい絵
    話題の「富士山」ですし
    「お相撲」も日本の文化
    いいかも・・・

    「全ページためし読み」で
    楽しませていただきました
    ありがとうございます!

    鹿児島弁?
    薩摩弁?がいいですねぇ
    作者さんもあとがきに書いていらっしゃいますが
    体格の小さな力士が
    大きな力士を倒したり
    頑張る姿
    多彩な技を見るのはおもしろいです
    道具も
    行司さんの軍配?だけでいいし

    真似っこあそびもすぐに楽しめます

    あ〜、この絵本
    パパが読むとどうなんだろう?
    と、男性の読み聞かせを
    想像してみました
    いいかも!!

    応援する山たちもかわいいです
    山の名前
    四股名にも興味を持つのも
    おもしろいかもしれません

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちが勝つかな

     富士山がおすもう、お正月らしい楽しいお話です。
     さくらじまが瀬戸内海をわたってくるところが、おもしろかったです。
     小さなさくらじまと、大きなふじさん、
     「さくらじま、がんばれ」と応援したり、でもやっぱり
     「ふじさんが勝つのかな」とハラハラしたり。
     私は、焼きおにぎりのような行司さんが、かわいいなと思いました。

     明るくて元気いっぱいの絵もよかったです。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お相撲さんは山

    このお話は日本に本当にある山たちが相撲を取るお話でした。このお話で日本の山を勉強できてよかったです。山が相撲を取るってうちの子にはとってもウケて、「富士山にかなうわけないや〜ん!!」って言いながらも勝負の行方を楽しそうに見ていました。

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本一の富士山!

    富士山と桜島が相撲をとる様子が
    柔らかい色合いで、ほのぼのと描かれています。

    さすが日本一の富士山!
    自信に満ち溢れていますね。

    富士山が見えない地域では、
    もしかするとあまり親しみがないかもしれませんが

    電車の窓などから、たまに富士山が見えると
    それが例えばほんの少しでも、遠くに小さくでも、
    なんだかとても幸せな気持ちになります。

    ますます、富士山に親しみを感じそうな絵本です。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界遺産ですね!

    富士山と桜島が相撲で勝負する話です。
    富士山が世界遺産に登録されたから
    出たのかな?
    でも、富士山がかわいくて、
    ほほえましかったです。
    ちょっと日本の地理もわかる感じで
    (おおげさかな?)
    子どもと楽しめそうです!

    掲載日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ノンタンぶらんこのせて / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.91)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット