ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ヤッホーホイホー」 みんなの声

ヤッホーホイホー 作:スズキ コージ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784061325647
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 相変わらず中毒性のある絵です。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    私がかつて住んでいた北海道の、見に覚えのある懐かしい地名が出てきてちょっと嬉しくなりました。確かに厳しい冬なんですよ。しかしそんな厳しさをものともしない楽観的な雰囲気さえ漂わせるこの絵本。この人達、極寒の冬を楽しんでる…!

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬でも楽しく

     冬の森の中、ふぶきの中でも楽しそうな動物たちがいっぱいいます。あちらこちらから「ヤッホーホイホー」ときこえてきそうです。
     絵を見ているだけで、さむくなりそうですが、ふしぎな絵の中にひきこまれてしまいます。雪の中で楽器をひいて、楽しんでいる動物たちをみていると、わくわくします。
     
     スズキさんらしい、重ね塗りの絵が幻想的でおもしろいなと思いました。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪とロックンロール

    どのページもオーロラや銀河のような雪景色で、とても美しいです!出てくる動物のシルエットを探すのも楽しい!

    色んな場所の色んな動物たちが、ヤッホーホイホーの言葉に呼ばれて、雪の中に消えていくみたい…。みんなどこへ行くのかな…?

    とにかくすごく不思議な絵本です!
    色、森、動物のシルエット、ヘンテコな呪文…
    スズキコージさんの世界に引き込まれます!

    雪山って神秘的でなんだか怖くて、でも知らない世界がありそうで…。

    運が良ければ、ロックンロールのユキウサギに会えるかもしれませんね!

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1枚の絵の中に

    何ともパワフルでリズミカルな実験的な作品だと思います。
    1枚の路上ライブペインティングにこめられた冬物語には、寒さよりも躍動を感じました。
    その1枚の絵を分割して、繋ぎ会わせた絵本ですが、祈りのような儀式のような不思議さをかもしだしていました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一枚の絵の中に

    ヤッホー ホイホー とともに、子どもが聞きなれないアイヌの言葉が並びます。
    それは歌のように、掛け声のように、呪文のようにも聞こえます。
    スズキコージさんの描く冬、雪は大好きで、その絵本の中の雪の世界にどっぷりとひきこまれていきます。
    最後の一枚の絵を見て、本当に密度の高い、そして広がりのある作品だなあと感じます。
    一枚の絵が絵本になるなんて素敵です。
    ぜひその時のライブペインティングも見たかった!

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 路上ライブペインティングで描くアイヌの世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    表紙から、スズキコージ色が迫ってきます。
    描かれているのは、森林に降り続く雪景色、その中でうごめく生き物たち。
    それらが次々に紹介されますが、中には知らない名称も。
    実は、アイヌの言葉だそうです。
    神を意味する「ピト」、雪を意味する「ウパシ」・・・。
    表題は掛け声でしょうか。
    アイヌ語の持つ響きが、風景と溶け合います。
    実は、全ては、路上ライブペインティングで描かれた一枚絵。
    巻末でその全容が明らかになります。
    スズキコージさんの作品は、強烈な個性の絵とともに、
    文章も耳で感じるものが多いです。
    シュールな世界ですので、子どもたちには???かもしれませんが、
    ぜひ音読で、アイヌの言葉を体感してほしいです。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな感じ・・・

    この絵本は不思議な感じいっぱいでした。凡人には分からないというか・・・。絵本の中には不思議な生物らしきものが出てきたり、不思議な掛け声が出てきたりと、こんな不思議な感じが子供はちょっと面白かったみたいです。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット