雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ゆうれいたんていドロヒュー(5) かいてんずしのきょうふ」 みんなの声

ゆうれいたんていドロヒュー(5) かいてんずしのきょうふ 作・絵:やまもと しょうぞう
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784577040959
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,086
みんなの声 総数 1
「ゆうれいたんていドロヒュー(5) かいてんずしのきょうふ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今回はしりとり

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、男の子6歳

    子どもたちも気に入ってますが、私も実は気に入っているという
    このドロヒューのシリーズ。
    毎回、ちょっと頭を使うんで面白いだけでは終わらなくてお得です。

    そして今回は「かいてんずしのきょうふ」
    で、なんでカッパなんだろうって思いながら読み始めました。

    いつもの双子の兄妹、「まこと」と「みこと」、探偵のドロヒュー、
    クイズ大好きな閻魔大王が出てくるのですが、
    「ぐるぐるしりとり」をする場面になりました。あぁ、今回はしりとりなんだ。

    動物園の園内のどうぶつの名前での「ぐるぐるしりとり」では
    兄ちゃんも次男も「次はこれ!」とおおはしゃぎ。
    ただのしりとりではなくて、最初と一番最後がつながらないとダメというので、ちょっと頭を使わないといけません。

    でも、なんで「かいてんずし」?と思ったら…出てきました。
    外食というと、回転寿司率の高い我が家ですんで、
    なんか面白かったなぁ。なんで、コレを流すのって感じで。

    選択肢のものが使えるものだけでなく、使えないものも入ってて
    盛り上がりましたよ〜♪
    1人で笑いながら読むのも面白いですが、みんなで声に出して
    読みながら、あ〜でもないこ〜でもないって言うのも楽しいです♪

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット