ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

やさしいかいじゅう」 みんなの声

やさしいかいじゅう 作・絵:ひさまつ まゆこ
出版社:冨山房インターナショナル
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年09月
ISBN:9784905194620
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,411
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仲間ができてよかった

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    かいじゅうと聞いて,息子は恐竜みたいな生き物を想像したようですが,この本のかいじゅうは,変わった動物という感じです.

    誰かに嫌なことをするわけでもなく,暴れてばかりいるわけでもないのに,他の動物たちに嫌われているかいじゅうがとてもかわいそうでした.
    自分を嫌う動物たちが困っていたら助けてあげるやさしいかいじゅうになれたのは,初めての友だちである小さな木の芽から,ありがとうって言ってもらったり,楽しくおしゃべりしたり,仲間がいることのすばらしさを教えてもらったからなのかな.
    これからは寂しくないですね.よかったです.

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ちに・・・

    みんなに疎んじられていたかいじゅうでしたが、いつも泣いているかいじゅうの涙で、小さな芽がポツンと顔を出します。
    その芽とかいじゅうの、友情のお話です。
    初めてできた友達を大切に思うかいじゅうの気持ちが伝わってきて、とても温かい気持ちになりました。
    友達が出来て変わっていくかいじゅうの姿が印象的でした。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん、やさしい。。。

    見た目で仲間外れにされていたかいじゅうが、嵐で壊滅状態の森の動物たちのピンチを救い、みんなから受け入れらるようになり、よかったね!というハッピーエンドのお話。
    分かりやすいストーリーです。
    お友達がいなくてさみしいかいじゅうを、1本の木が支え励ましてくれるのです。

    こういうお話はもやもやしてしまいます。
    「気持ち悪い、近寄らないで」と見た目で差別していたのに、おいしい実をくれたから、「今までごめんなさい」(これからは仲良くしましょう)だなんて。。。
    なんか、自分勝手な動物達だな〜。。。と思ってしまいます。
    それでもかいじゅうはみんなと仲よくなれてうれしいんです、健気です。
    私がひねくれているのでしょうね(^^;)
    現実はこんなものかもしれないので、何とも言えない気持ち。

    子供は特に感想はありませんでしたが、しっかり聞いている様子。
    読み終わったらにっこりほほえんでいました(^^)

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット