キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

犬になった王子 チベットの民話」 ママの声

犬になった王子  チベットの民話 文:君島 久子
絵:後藤 仁
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2013年11月15日
ISBN:9784001112429
評価スコア 4.82
評価ランキング 207
みんなの声 総数 10
「犬になった王子  チベットの民話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • チベットの穀物の由来

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    チベットの主食である大麦の由来についての民話を丁寧に再話した作品。
    チベットのプラ国のアチョ王子は、国の人々のために、穀物の種を得ようと、
    山の神のところに出かけます。
    同行の家来も脱落していくほどの、険しい道程を経て、
    ついに山神のところへたどり着きます。
    山神は、穀物の種のありかを教えてくれますが、またまた、難関が待ち受けます。
    竜王に犬に変えられても、山神の忠告に従い、根気よく目的を達成するのです。
    穀物の種のありがたさが伝わってきます。
    妻となるゴマンという娘との交流も丁寧に描かれます。
    アチョ王子、ゴマン、山神、竜王、犬など、それぞれの造形が素晴らしいです。
    特に、アチョ王子、犬の気品高さは美しいです。
    物語がやや複雑で長いですが、じっくりと味わってほしい作品だと思います。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    4
  • 民話って、いいな。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    美しい挿絵と、チベットの民話というのが気になり、
    図書館から借りてきました。

    心の優しい王子様が、「穀物のたね」を入手するため、
    冒険に出ます。

    見事に「穀物のたね」を見つけますが、
    これで終わりでないのがこの絵本の素敵なところ。

    逃げ帰る際に犬にされてしまい、
    この絵本のヒロイン、村長の娘さんとは
    犬として出会います。

    そして王子様が人間に戻るまでが、また一つの物語なのですが、
    その中になんと、チベットの主食「ツァンパ」に繋がる
    ストーリーも、併せて紹介されているのです。
    チベットの方々はツァンパをまず犬にあげる習慣があるそうですが、
    なぜそうなったのか。

    全部あわせて一つのストーリーなのですが、
    その中でも物語がいくつもあって、
    かなり読み応えがあり、7歳の息子も大満足。
    挿絵も素敵でした。

    民話って、いいな。
    心からそう思える一冊でした。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 気高い美しさ

    • たぽたぁぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    表紙に描かれた
    二人の男女の気高い美しさに
    心惹かれ、この絵本を手に取りました。

    チベットを舞台に
    壮大なスケールで描かれた物語は、
    わたしたちにどんな困難にも立ち向かう勇気と、
    こころから愛することの尊さを伝えてくれます。

    後藤仁さんの描く
    主人公アチョ王子、村長のむすめゴマンの美しさは、
    君島久子さんの文章により一層輝きを増します。

    音読してみると、20分近くかかりますが、
    声に出して読むことで、
    君島さんの文のすばらしさをより感じることができます。

    子どもからおとなまで魅了するすばらしい民話として、
    多くの方にブックトークなどで紹介していきたいと思います。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • チベットの民話

    絵本を通してその国を知ることの出来るのは、民話の魅力です。
    穀物が生えていなかった頃、種を求めて大冒険をする王子の物語です。

    チベットの風景や服装や慣わしが、美しい絵で描かれていて、とても興味深いです。
    もちろん、君島久子さんの文章も無駄がなく、ひきこまれます。

    三人の姉妹の一番下の娘が幸せをつかむところや、王子が動物になっているとことは、他の昔話にもよくみられます。
    その国、土地にあわせたもので、読み比べるのも楽しいと思います。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 深いきずなで

     チベットにつたわる昔話です。
     国民のために、オオムギの種を探し求める王子。けわしい道のりを一人で向かっていきますが、邪悪な蛇王に、犬にかえられてしまいます。
     犬になった王子を心から愛する娘、王子を信じてどこまでもついてく姿がせつなかったです。
     落ち着いた色で、繊細に描かれた絵がすばらしくて、見入ってしまいました。

     絵本を最後まで読んでから、また表紙を見返すとしみじみします。深いきずなでむすばれている二人が、いいなと思いました

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 『シュナの旅』を思い出す

    美しい絵とチベット民話という異国の雰囲気に惹かれて、一目惚れ購入。

    読みながら、宮崎駿さんの『シュナの旅』を思い出した。宮崎作品の中でもおりに触れて何度も読み返してきた大好きな作品で、『犬になった王子』とどことなく似ている、、、。と思っていたら、後藤仁さんのあとがきで知りました!この民話、まさに『シュナの旅』の原作だった!!

    王子の勇気と知恵、そしてゴマンの愛情で、窮地を切り拓いていく物語。民を貧困から救うため王子自ら旅立っちゃうところが、まことに格好いい。文の美しさもさることながら、絵の美しさは折り紙付きで、思わず見惚れてしまう。これまた『シュナの旅』と同じく、何度も読み返したくなる作品に出会えて良かった♪

    掲載日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が物語りにあってます!

    5歳の息子によみましたが、
    やはり難しかったようです。

    君島久子さんが過去に訳した『白いりゅう 黒いりゅう』
    を絵本用に書き直したものだそうです。

    この物語は
    宮崎駿「シュナの旅」(スタジオジブリの「ゲド戦記」の原案)の原話にもなったそうです。

    とっても読みごたえがあり、
    勇敢な王子が麦の種を手に入れるまでを
    描かれています。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 家族で犬種について語り合っちゃいました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    作者(邦訳をされた)の君島さんの後書きで、
    このお話を初めて邦訳して載せたのが「白いりゅう 黒いりゅう」という中国の昔話(民話)の本だったと書かれていました。
    この本は前に読んだことがありましたが、自分の記憶の中には残っていなかったので、絵本を見て初めて面白い!と思いました。

    このお話に登場する「犬」って、見た目は「チン」に似てるなと、世界のめん種というのを見て一番近い犬種を探してみたら、やはり「チン」に一番近い気がしました。うちの子はすっぱり切り込んで「雑種でしょ」というのですが、我が家では間をとって「チンの雑種」ということに落ち着きました。
    上の子も下の子も「この王子、カッコいいね」と惚れ惚れしてました。
    後藤仁さんは民族衣装や髪型にまでこだわって描いてくれていたので、この土地に住んでいた人々の生活をリアルに感じることが出ました。

    ストーリーも絵も見応え聞きごたえがあるので、小学校の高学年以上中学生高校生くらいのお子さんたちへの読み聞かせに特にお薦めします。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    1

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / がちゃがちゃ どんどん / ごぶごぶ ごぼごぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット