貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

へびをだいじに」 みんなの声

へびをだいじに 作・絵:イノウエヨースケ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1993年
評価スコア 3.67
評価ランキング 32,219
みんなの声 総数 2
「へびをだいじに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぞぞっとします

    へびさんを大事にして一緒に遊ぶ主人公は、へびが大好きなんだと思い

    ました。「ニョロ ニョロ へびさん」と可愛く思っても、やっぱり

    本物を想像すると怖いし、「ぞぞっ」と、身震いしてしまいます。

    「ころころ ころころ ビー玉あそび ころころ ころころ」と、面白

    ろそうですが、やっぱりどくろを巻いているへびさんを想像してしまう

    私です。丸くて甘いお団子を食べた、「へびさん まる飲み ぷくぷく

    いつつ」には、へびさんの顔が笑っていたし、5っのまるに笑えました

    が、後はやっぱり苦手でした。

    でもユニークな絵本が面白いと思いました。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。蛇が大活躍するのが良かったです。主人公が蛇を怖がらずに優しい気持ちで接するからこそ蛇も主人公の事が大好きなのだと思いました。主人公がどんな場所にも嫌がらずに率先して蛇と出かける理由が納得できました。仲良しな二人を見ていると私も嬉しくなりました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


イラストや付録でくつひもの通し方と結び方の練習ができちゃう!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット