庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき」 みんなの声

ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき 文:あらしやまこうざぶろう
絵:あんざいみずまる
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2013年11月10日
ISBN:9784834080322
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    やぎせんせいがピッキーとポッキーにはいくのつくりかたを教えました。
    これをきっかけに、いろいろと面白いはいくが沢山出てきます。
    4歳の子どもにもわかりやすくかいてありました。
    私のお気に入りは、やぎせんせいの「ねんがじょう もらってわたし たべてます」です。
    つい、童謡の歌を思い出してしまい、笑えました。
    言葉遊びが好きになる絵本でした。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊びに興味をもったら!

    • まあるいさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子7歳、男の子1歳

    安西水丸さんの絵は、
    いつも1歳息子の「がたんごとんがたんごとん」でお世話に?なったり
    私自身は「クッキーのおべんとうやさん」が好きなのですが

    今回は、学校で俳句づくりをしたという小1娘のために読みました。

    まずは1ページ目の「はなのむら地図」が面白い!

    「わかったさんシリーズ」などの「地図好き」っ子は
    きっとそのページだけで楽しめるんじゃないかなあ。

    言葉遊びに興味を持つようになったら一度読んでみるとよいかも?
    もしも、その時にはあまり興味を持たないようでも
    時間を置いて、時々、思い出したように読んでみたくなる
    そのうちに子供のタイミングと合って楽しめる…
    そんな絵本だと思います。

    掲載日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 俳句

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    お正月に俳句をみんなで作るお話です。
    5,6歳からとあるように3歳児ではまだ早かったです。
    年頃が合っていれば思わず自分でも五七五で俳句が作りたくなってしまう絵本だと思います。
    みんなが作る俳句にみんなの個性が出ているし楽しんで作っているのがよくわかるので良かったです。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5.7.5!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    小学一年生の息子と読みました。
    俳句そのものは知らなかったようですが
    5.7.5で文章を作ると
    リズムが良くって歌える感じだねと言っていました。
    すごいなぁと感じました。
    その通りなのです。
    リズムの良さが俳句のいいところなんですよね。
    ピッキーとポッキーの俳句絵本を読んでから
    しばらく子供達と俳句ごっこしました。
    「せんせいが やすんだしゅくだい なかったよ」
    「よかったね これでいっぱい あそべるね」と
    俳句会話を繰り返して大笑いしました。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 俳句とは

    二歳の息子に図書館で借りてきました。

    俳句をまだわからない息子は何?何?
    と聞いてきます。

    ピッキーとポッキーシリーズが好きなのですが
    今回はちょっと息子には早かったのか
    反応が薄かったです。

    俳句を日常生活で使うことがないのですが
    何か考えてみるのも楽しいなと思います。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 久々に読みました。

    ピッキーとポッキーのシリーズはこれで三作目

    三作目がでたことを知りませんでしたが、

    図書館で発見したときは思わず喜んでしまいました。

    テーマとしては俳句です。

    すべての会話が俳句になっていきます。

    俳句がわからない場合、無理に俳句っぽく読まなくても

    お話としても読めると思います。

    どう楽しむかは親子で決めて読めばいいと思います。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帰ってきたピッキーとポッキー

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳

    「ピッキーとポッキー」「ピッキーとポッキーのかいすいよく」が好きです。「ピッキーとポッキー」に関しては、40歳になる姉が子供のころに読んでいたというくらい昔から愛されていた絵本です。

    図書館で、その新刊を発見してびっくりしました。ピッキーとポッキーが帰ってきた!と思いました。もぐらのふーちゃんも健在です。

    6歳の息子には俳句はまだ難しかったですが、小学校に行って俳句を習ったらまた一緒に読みたいと思いました。

    掲載日:2014/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 俳句が身近に感じられる一冊!

    図書館から借りてきて、9歳と4歳の娘たちと読みました。
    ピッキーとポッキーは、私が子供の頃から大好きだったシリーズです。
    図書館の新刊コーナーで見つけてびっくりしました!
    ピッキーとポッキーが俳句?!
    しかも季節はお正月!!
    タイムリーな発見に心躍りました!!o(^▽^)o

    お正月、やぎ先生の所に新年のご挨拶に行ったピッキーとポッキー。
    そこで2人は先生に俳句のことを教えてもらいます。
    そしてみんなで、公園やもみ山で俳句の読み合いっこ!
    楽しく俳句について学ぶことができる一冊です。

    「俳句」というと、難しく感じるかもしれませんが
    この本では「見たこと、感じたことを書くとっても短い詩」としています。
    みんなが作る俳句も、難しいことではなく、
    本当に見たこと、感じたことを詠んでいるだけ(^^)。
    厳密にいうと、「川柳」になってしまうのかもしれませんが
    難しいことは言いっこなし!でいいんだと思います。
    自分の気持ちを五・七・五で詠むのは楽しいよ〜!と教えてくれます。

    俳句のことを「5文字もじ」として知っている次女がもっと喜ぶかと思ったのですが、
    意外に9歳の長女の方がとても喜んでいました。
    ちょうど国語の授業で俳句や短歌について習うらしく、
    なかなか食い付いて聞いていました。
    それぞれの動物の個性も知っているのでますます楽しめたようです。
    次女には意外と難しかったのかも、と思いました。

    俳句について楽しく学べるので、小学生くらいのお子さんにオススメです。
    そしてピッキーとポッキーシリーズを知っているお父さん・お母さんにもオススメ!
    懐かしいごちそうも登場していて、なんだかとっても嬉しくなりますよ!

    俳句が身近に感じられる一冊でした(^^)。
    『おしょうがつのまき』とのことなので、
    是非是非季節ごとの俳句絵本を期待しています!

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 俳句ごっこしました

    私が大好きなピッキーとポッキー。
    娘たちも大好きになってくれています。
    そして、その新刊!びっくりです。
    今出るのが。すごい!
    で、俳句についてもわかりやすく書かれていて
    一年生にもとっつきやすかったようで
    読み終わった後、早速575で文章を作っていました。
    若干標語的なものでしたが…。
    季語の説明もあったらよかったな〜。
    でも、ピッキーとポッキーの新刊っていうだけでもう
    嬉しかった私でした。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月には俳句に挑戦!

    『ピッキーとポッキー』、『ピッキーとポッキーのかいすいよく』は、子供たちが小さい頃から大好きな絵本です。またシリーズの本が増えたと知って、とてもうれしかったです。
    今回は俳句の絵本ということで、もう大きくなった上の子たちも一緒に楽しめました。
    ピッキーとポッキーがやぎ先生に俳句を教わって、みんなで読みあうという風流な遊び。みんなとても上手に俳句をつくっていました。読んでいるとお正月気分もとても盛り上がります。
    また、今回も前の2冊と同様に、最初に地図のページがあるのもうれしい限り。読み終わったあとに、またこの地図のページに戻って、ピッキーとポッキーたちが行き来した場所を確認するのも、とても楽しい作業です。
    お正月には、この絵本のように親子で俳句に挑戦してみようと思います。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット