雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話」 みんなの声

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 訳:内田 莉莎子
絵:坂口 知香
出版社:風濤社
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年06月
ISBN:9784892193644
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,295
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 兄弟げんかの果て

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    ロシアや東欧の民話などの翻訳の多い内田莉莎子さんによるハンガリー民話。
    深い深い森の奥に住む二匹のこぐまたちは大きくなって、
    将来の夢を思い描き、旅をしたくなるのです。
    そんな二匹をお母さんぐまは快く送り出してくれますが、
    「けんかをしないように」と助言します。
    ところが、お腹のすいた兄弟は道中チーズをめぐってけんかしてしまうのです。
    漁夫の利さながら、通りがかったキツネにまんまと食べられてしまうくだりは、
    さながらイソップ寓話みたいですね。
    立体イラストレーターによる絵で、こぐまたちの様子が陶器で表現されているのが目新しいです。
    こぐまたちの絶妙な表情や目線が絶妙です。
    ただ、ハンガリー民話なので、おにぎりが登場するのがちょっと残念です。
    そのあたりも、ハンガリー風にこだわって欲しかったです。

    掲載日:2013/12/03

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット