だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ほっぺ ほっぺ ほっぺ」 みんなの声

ほっぺ ほっぺ ほっぺ 作:うちだ りんたろう
絵:ながの ひでこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1996年
ISBN:9784494004638
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,050
みんなの声 総数 14
「ほっぺ ほっぺ ほっぺ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 迫力ありすぎ!

    出てくるものが迫力がありすぎます!

    かぼちゃをぎゅっと抱きしめているかと思えば

    振り返ればハロウィンの時のかぼちゃみたいに

    おばけかぼちゃだったり・・・。

    手足がにょろにょろしている大きなたこだったり。

    女の子の眉毛がゲジゲジなのがちょっと残念ですね。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじっぱりがかわいい

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    主人公「さっちゃん」が出てくるシリーズの絵本です。
    さっちゃんがいろんな動物やかみなりにまで「ほっぺほっぺ」する絵本。順番に「ほっぺほっぺ」(ほっぺをぴたっとあわせる)するんだけど、タヌキだけはいじっぱりでほっぺほっぺしません。でも、本当はタヌキもしたいんです。あとからネコに化けてほっぺほっぺしにくる所がかわいいです。しっぽがタヌキのまんまなんですけどね。
    このシリーズは毎回ひねくれ者が出てきて、それが最後には「本当はあそびたいんだよ〜」っていう展開になっています。意地っ張りなお子さんにはお勧めです。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママとふれあいあそび

    • エシェルさん
    • 20代
    • ママ
    • 大分県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    下の子が生まれ、私が上の子(当時2歳)になかなかかまってあげる時間がもてず悩んでいた時に、母から贈られました。

    下の子が寝ている間に上の子に読み聞かせていました。子供はむぎゅーっと私にほっぺほっぺしてくれ、目頭が熱くなる思いをしたことを思い出します。

    こんな物にもほっぺほっぺするか〜とおどろかされますが、さっちゃんのスマイルに癒されます。

    子供もママも笑顔になれる作品です。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔でほっぺ

    さっちゃんが、みんなと「ほっぺほっぺ」
    どのこと「ほっぺほっぺ」してても、さっちゃんはいつも笑顔でしたね。
    マネして「ほっぺほっぺ」したくなります。
    スキンシップのきっかけになりそうですね。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あーたのしかった。

    うちださんのこちょこちょこちょ、ほっぺほっぺほっぺ、おいでおいでおいでは、どれも息子が大好きですが、特にこのほっぺほっぺが大好きです。お決まりの「あーたのしかった。」といつも思える絵本です。
    寝る少し前に、息子とほっぺほっぺとスキンシップを図りながら、あーたのしかったね。と、さっちゃんと一緒に眠りにつくようにしています。
    3冊あると飽きることなく、楽しめます。
    こちょこちょこちょとするよりも、ほっぺほっぺは、いつでもできて素敵なスキンシップを教えてくれた絵本です。

    掲載日:2011/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉と妹のほっぺほっぺ

    3歳の姉は0歳の妹のほっぺが大好きです。
    指でつっついてみたり、頬ずりしてみたり…
    姉のお友達も赤ちゃんのふくふくほっぺに夢中。
    あったかくて、気持ちいいもんね〜

    そんな子ども心をくすぐる素敵な絵本がこれです。
    3歳姉は「ほっぺほっぺしま〜す♪」なんて、早速使っています。

    この懐かしい絵柄も好みなようです。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • くすぐり?

    さっちゃんがほっぺほっぺするお話です。

    ほっぺほっぺと言いつつも、なんだかくすぐっているような印象を受けました。
    触れあいとしては楽しめる絵本だと思いますが、個人的にはイマイチでした・・・。

    一度は子ども達に読み聞かせて反応を見てみたいオススメの絵本です☆

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • くっついた!

    ほっぺがくっついた喜びを素直に表現してあり、繰り返しの「ほっぺ ほっぺ」が、嬉しいです。あまのじゃくの狸さんも本当は、「ほっぺ ほっぺ」をやりたいのに、恥ずかしくて素直に出来なくて、ねこさんに化けて要求するのが笑えます。たぬきさんのしっぽにも爆笑しました。素直に、やりたいと言えるといいなあと思いました。色彩が強烈で、太い線にインパクトがあり、小さい子の目を引くと思いました。孫に素直に、「ほっぺ ほっぺ」が出来る幸せな絵本です。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばのくりかえしのリズムが心地よい

    • うつぼっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    「こちょこちょこちょ」「おいでおいでおいで」との3部シリーズ。
    同じさっちゃんが出てきます。

    「ほっぺほっぺ」と
    さっちゃんが誰かにほっぺをくっつけているのですが
    いつも向こう側を向いていて、相手がちらりとしかわからない。

    それが出てくる楽しみ、だれかなと当てっこをする楽しみとともに
    読み進めていけます。

    ふだん「ほっぺほっぺ」という言葉は使わないけれど
    さっちゃんがやっているように、ほっぺを子どものほっぺに
    すりつけながら読んでいるとこちらが幸せな気分になれます。

    「ほっぺほっぺ」しようとしたら
    「よせやい」と強がってやろうとしなかったたぬきさんが
    最後はばけて登場。

    素直じゃない動物がいるところもご愛敬です。

    言葉がぐんと増えてくる2歳頃がおすすめだと思います。

    掲載日:2008/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長野さんの作品

    長野ヒデ子さんの作品だったので選びました。表紙が一番好きです。朱色のバックに朱色のワンピースの女の子が可愛らしいです。なぜかこの女の子を見ると”もちずきくん”という登場人物を思い出します。表紙の女の子が中表紙に登場する時本当に同一人物か?と疑うほど違う印象を受けました。その遊び心も素敵だなと思いました。”ほっぺほっぺする”という表現が素敵でした。私もこの絵本を読みながら”ほっぺほっぺ”を楽しみました。ほっぺほっぺは楽しいです。この絵本の御蔭でまた楽しい時間を娘と過ごすことが出来ました。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット