庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

「おつきさまにきいてごらん」 みんなの声

おつきさまにきいてごらん 本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「おつきさまにきいてごらん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お月様に見守られて...

    • あゆりママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    「お月様が出るまでに、帰ってらっしゃい」とお母さんに言われて遊びに行ったプータンでしたが、気が付くと、お月様は昇っていました。「お月様、こんなに早く出るなんて、ひどい!」プータンは、自分が悪いのを、お月様のせいにしています。
    ところが、家に向かって歩いていると、りんごが転がってきたり、魚が飛んできたり、ハンバーグが落ちてきたり、ラーメンが出てきたり。プータンが、その都度食べてしまうと、「ぼくのだぞー」と言って、ぞうやねこやだんちょうさんが追いかけて来ます。
    プータンが、「ぼくのせいじゃ、ないもーん」と言い続けて逃げていると、とうとう、お星様がプータンのおなかの中に飛び込んできてしまいました。
    真っ暗な空の中、おなかにお星様をかかえたプータン、ひとりっきりです。
    寂しくて、怖くて。
    プータンは、思わず、「ごめんなさーい」と叫びました。
    すると、すべてが元通りに戻り、お月様がにっこり、空で微笑んでいます。
    「プータン、やっと、ごめんなさいが言えたね。」って。

    素直に謝るのが、ちょっと苦手な子供に、さりげなく、「ごめんなさい」の大切さを教えてくれているようでした。

    子供達には、プータンが、どんどん、どんどん食べて、太っていく様子が、ちょっと、怖かったようです。

    掲載日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット