あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

アルケミスト(6) 伝説の双子ソフィー&ジョシュ」 みんなの声

アルケミスト(6) 伝説の双子ソフィー&ジョシュ 作:マイケル・スコット
訳:橋本恵
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:2013年11月
ISBN:9784652200391
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,931
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 正直長すぎます!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    アルケミスト・シリーズの最終巻6巻目になります。

    初めの2冊目くらいまでは、色々な歴上の人物たちがそ入れまでにない役割で登場してくるのが面白くて上の子と一緒にガンガン読んでいましたが、登場人物が増えるにつれて、読み手としてはそこはわざわざページを割いて書かなくても、読み手に想像させておいて、そこを含ませた物語の進行をしてほしかったと思います。

    ここまできたら、どうしても最後が気になったので、
    「伝説の双子の言い伝え、ひとりは世界を救い、ひとりは破滅させる」って、いったいどういう事態になるのか、それだけが気がかりで必死に読んだ着た感があります!!

    このシリーズをもし手にしてしまった方で、最後は気になるけど、この長い長い9日間の物語のラストが気になって仕方ない。という人は、
    個人的にはこの6巻の最後の章と、翻訳者橋本さんの後書きを読むことをおススメします。
    簡潔で分かりやすくて、なるほどこういうことを描きたかったのね〜。と、間らためて思いました。

    テーマ的には面白い話ですが、作者が細かいところまで描きすぎる難があるので、このシリーズを読み終えるにはかなりの根性が必要です。((笑))

    歴上の登場人物がかなり出演するお話なので、歴史やSFが好きな人にはお薦めできます。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット